Research press release

健康:高齢男性が大気汚染に短期間さらされることと認知機能障害との関連性

Nature Aging

Health: Short-term exposure to air pollution linked to impaired cognitive function in older men

高齢男性の場合、高レベルの大気汚染に短期間(最大28日間)さらされることが認知機能の低下に関連していることを明らかにした論文が、Nature Aging に掲載される。また、この論文は、一般的な鎮痛薬を処方されている被験者では、大気汚染への短期曝露による悪影響が軽減されたことを示唆している。

認知機能の低下は、高齢者によく見られるが、空気中の粒径2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質(PM2.5)への曝露などの環境要因によって加速されることがある。しかし、高齢者の認知機能に対する大気汚染への短期曝露の影響を検討する研究は不足している。過去の研究では、認知障害と認知症の治療法候補として非ステロイド系抗炎症薬(NSAID;アスピリンなどの、疼痛と炎症の軽減を目的とした薬剤群)の使用も検討された。しかし、NSAIDを使用して、大気汚染が認知上の健康に及ぼす影響を抑えるための介入を行うことは、これまで検討されていなかった。

今回、Xu Gaoたちのチームは、米退役軍人局標準的加齢研究に参加した米国の大ボストン地域に居住する高齢の白人男性計954人(平均年齢70歳)のコホートを対象とした研究を行った。Gaoたちは、被験者を複数回訪問し、全体的な認知機能とミニメンタルステート検査のスコアを用いて、被験者の認知能力を測定した上で、この測定結果を、各訪問日の大ボストン地域の大気中PM2.5濃度と各訪問日の1~4週間前の大気中PM2.5濃度の平均値と比較した。その結果、検査28日前までに大気中PM2.5濃度が上昇していた場合には、たとえ通常有害とされる濃度(10マイクログラム/立方メートル程度)を下回っていても、被験者の全体的な認知機能スコアの低下と関連していることが明らかになった。また、NSAIDを処方されている被験者は、大気汚染への短期曝露による有害作用の影響を受けにくいことも分かった。

Gaoたちは、今回明らかになった大気汚染への曝露と認知機能の関係やNSAIDの修飾作用の可能性を検証するためには、より詳細なNSAID使用情報が得られる大型コホートに基づいた集学的研究が必要だと結論付けている。

Short-term exposure (up to 28 days) to higher levels of air pollution is associated with impaired cognitive function among older men, according to a study published in Nature Aging. The paper also suggests that the negative impact of short-term exposure to air pollution was lessened among participants who were prescribed common pain medications.

A decline in cognitive function is common among older adults but can be accelerated by environmental factors, such as exposure to fine particulate matter (PM2.5) no more than 2.5 micrometres in size in the air. Nevertheless, there is a lack of research examining the impacts of short-term exposure to air pollution on cognitive function of older adults. Previous studies have also investigated the use of nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs: a class of drugs aimed at reducing pain and inflammation, such as aspirin) as a potential treatment for cognitive impairment and dementia. However, the use of NSAIDs as a potential intervention to limit the impact of air pollution on cognitive health had not been examined before.

Xu Gao and colleagues studied a cohort of 954 older white men (averaging 70 years of age) living in the Greater Boston area in the United States who participated in the Veterans Affairs Normative Aging Study. The authors measured their cognitive performance using global cognitive function and Mini-Mental State Examination scores over several visits. They then compared this to the levels of PM2.5 in the air of the local area on the day of each visit, and the average levels 1–4 weeks prior to each visit. The authors found that increased levels of PM2.5 up to 28 days before testing was associated with lower global cognitive function scores among participants, even at levels below what is usually considered hazardous (approximately ≤10 μg m−3). They also found that those in the study who were prescribed NSAIDs were less affected by the adverse effects of short-term exposure to air pollution.

The authors conclude that multidisciplinary studies based on larger cohorts with more detailed NSAID usage information are required to validate the relationships between air pollution exposure and cognitive function, and the potential modifying effect of NSAIDs, identified in this study.

The authors conclude that multidisciplinary studies based on larger cohorts with more detailed NSAID usage information are required to validate the relationships between air pollution exposure and cognitive function, and the potential modifying effect of NSAIDs, identified in this study.

doi: 10.1038/s43587-021-00060-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度