Research press release

環境:気候変動は南ヨーロッパのブナ林にとって脅威になっている

Communications Biology

Environment: Climate change poses a threat to southern European beech forests

このほど実施されたモデル化研究で、南ヨーロッパでは今後70年間にヨーロッパブナの成長量が気候変動によって20~50%減少する可能性のあることが明らかになった。この知見を報告する論文が、今週、Communications Biology に掲載される。著者たちは、そのために、森林の枯死量が増えるかもしれないと述べている。

ブナは、ヨーロッパで最も多く見られる広葉樹だ。温暖化によってブナ種が絶滅の危機に瀕する可能性のあることが最近の研究で示唆されたが、今後のヨーロッパ大陸全体における気候変動からのブナの回復力の大きさを予測することは難しい。

今回、Edurne Martinez del Castilloたちは、ヨーロッパ全土の324地点のブナの木5800本から得られた78万点以上の年輪測定値を分析して、1955年以降のブナの成長量の変化を計算した。次に、del Castilloたちは、このデータを用いて、第6期結合モデル相互比較計画(CMIP6)の2つの排出シナリオ(SSP1-2.6とSSP5-8.5)の下で、気候変動がブナの今後70年間の成長に及ぼし得る影響をモデル化した。21世紀中に排出される二酸化炭素の量は、SSP1-2.6の下では2075年ごろに正味ゼロに達し、SSP5-8.5の下では2100年までにピークに達する。del Castilloたちは、ヨーロッパのほとんどの地域で1986~2016年のブナの成長量が、1955~1985年より減少しており、それが最も著しいのが南ヨーロッパで、成長量が20%減少したことを明らかにした。これに対して、北ヨーロッパの一部の国々(デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなど)では、成長量が最大20%増加していた。del Castilloたちのモデルでは、南ヨーロッパにおけるブナの成長量が2090年までに最大30%減少し、干ばつが定期的に発生すれば、50%以上減少する可能性があると予測されている。del Castilloたちはまた、中央ヨーロッパの山岳地帯ではブナの成長量が25%増加するかもしれないが、ヨーロッパ全体では成長量は減少すると予測している。

今回の知見は、ヨーロッパの森林に対する気温上昇の影響を緩和する長期計画を策定することの重要性を浮き彫りにしている。

Climate change may lead to declines in the growth of European beech trees of 20–50% in southerly parts of Europe over the next 70 years, according to a modelling study published this week in Communications Biology. This could lead to increased forest mortality, according to the authors.

Beech is the most common hardwood tree in Europe. Although recent studies suggest that warming may endanger the species, it has been difficult to predict how resilient beech trees may be to future climate change across the entire continent.

Edurne Martinez del Castillo and colleagues calculated changes in beech tree growth since 1955 by analyzing more than 780,000 tree-ring measurements from 5,800 beech trees from 324 sites across Europe. They then used this data to model how climate change may impact beech growth over the next 70 years under two emission scenarios from the Coupled Model Intercomparison Project (CMIP6), SSP1-2.6 and SSP5-8.5. Under these scenarios the volume of carbon dioxide emitted during the 21st century either reaches net zero around 2075, or peaks by 2100, respectively. The researchers found that growth rates had slowed across most of Europe between 1986 and 2016, compared to between 1955 and 1985 and that this decline was strongest in the south, where growth decreased by 20%. However, they also found that growth rates had increased by up to 20% in parts of northern Europe over the same period, including in Denmark, Norway and Sweden. By 2090, the researchers’ models predict potential reductions in beech tree growth of up to 30% in southern regions, and more than 50% if droughts regularly occur. While the researchers project that growth could increase by 25% in the mountainous regions of central Europe, they estimate an overall decrease in beech growth across Europe.

The findings highlight the importance of developing long-term plans to mitigate the effects of rising temperatures on European forests.

doi: 10.1038/s42003-022-03107-3

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新の「注目のハイライト」を皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度