Research press release

北米の化石記録の大きな空白を埋める小さな恐竜の発見

Communications Biology

New diminutive dinosaur extends the North American fossil record

ティラノサウルス上科恐竜の新種が発見されたことを報告する論文が、今週掲載される。この恐竜は、白亜紀層で見つかったティラノサウルス上科恐竜の中で最も小さな部類に入る。今回の発見は、北米の化石記録における7000万年分の空白を埋めるために役立つ。

ティラノサウルス上科恐竜の中で最も有名な恐竜の1つであるティラノサウルス・レックスは、大型の最上位捕食者として知られている。しかし、その他の既知のティラノサウルス上科恐竜種は小型で、1億年にわたる進化史の大半において従属的狩猟者としての役割を担っていた。ティラノサウルス・レックスなどの巨大なティラノサウルス上科恐竜が出現するまでの主要な進化的事象については、アジアではもっと完全な化石記録が存在するという状況下で、北米では情報価値のある化石が見つかっておらず、解明が進んでいない。

今回、Lindsay Zannoたちの研究グループは、米国ユタ州エメリー郡で、非常に小さなティラノサウルス上科恐竜の化石を発見した。これは、ティラノサウルス上科恐竜の新種とされ、Moros intrepidusと命名された。この発見により、北米の化石記録の年代が1500万年さかのぼり、これまで空白となっていた7000万年間(ジュラ紀から白亜紀への移行期と白亜紀の大半)が埋まった。Zannoたちの推算によれば、M. intrepdiusの成体の体重はわずか78キログラムで、肢の長さは1.2メートルだった。また、M. intrepidusとアジアに生息していた近縁種の分析から、ティラノサウルス上科恐竜は約1500万年にわたって小型であり続け、ティラノサウルス・レックスのような巨大な恐竜に進化したのはせいぜい1600万年間ほどだったことが示されている。

A new species of tyrannosauroid dinosaur is reported in a paper published this week in Communications Biology. The dinosaur is among the smallest of its kind from the Cretaceous period, and its discovery helps fill a previous 70 million-year gap in the North American fossil record.

One of the most famous dinosaurs, Tyrannosaurus rex, is recognized as a giant apex predator. However, the rest of the known tyrannosauroid species were small, subordinate hunters for most of their 100 million-year-long evolutionary history. Our understanding of the major evolutionary events leading up to T. rex and other giant tyrannosauroids has been limited by the lack of informative fossils from North America, despite a more complete fossil record in Asia.

In Emery County, Utah, USA, Lindsay Zanno and colleagues discovered fossils belonging to an unusually small tyrannosauroid. The new species, named Moros intrepidus, extends the fossil record in North America by 15 million years, filling a previous 70 million-year gap that spanned the Jurassic-Cretaceous boundary and most of the Cretaceous period. The researchers estimated that the adult M. intrepdius was only 78 kilograms and had a limb length of 1.2 meters. The authors’ analysis of M. intrepidusand its close relatives from Asia indicates that tyrannosauroids were restricted to small sizes for about 15 million years and evolved into giants like T. rex during a period of no more than 16 million years.

doi: 10.1038/s42003-019-0308-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度