時間や場所の調整不要

忙しい研究者のためのオンラインソリューション

どんなに優れた研究であっても、それが正しく伝達され、効果的に訴求されなければ影響力を持ちません。研究者は、自身の研究を伝えるスキルを磨く必要に迫られています。とはいえ、研究の合間を縫って、効果的な論文の執筆方法や、適切なジャーナルの選定方法、多くの日本人が難問とする英文執筆や英語論文の読み解き方などを習得することは容易ではありません。

Nature Researchが2019年に国内大学に対して行った調査によると、学内で提供された論文執筆トレーニングに参加しなかった理由の80%は「時間の都合がつかなかった」というものでした。

また、若手研究者の大多数が論文執筆で困ったときには指導教員・先輩の指南を求めると回答しましたが、同時に71%は「(指導者が)忙しそうにしていると躊躇する」と回答しました。

Nature Researchでは、多忙を極める研究者のためのソリューションを提案しています。隙間時間や自宅でも受講することができるトレーニングを活用して、指導的立場の教員・研究者の負担軽減と、機関の研究アウトプット向上を目指しましょう。

さらに、ネイチャー・リサーチのソリューションは…

個々の機関に合わせたカスタムプログラムを提供しています。

詳細

機関の研究力の底上げに貢献するソリューションを提案します。

詳細

A partnership starts here

ネイチャー・リサーチのオンラインソリューションは、効果測定もしやすく、複雑な導入作業も必要ありません。機関全体で使用できるプログラムや、分野に特化した少人数のトレーニングなど、個々のニーズに合わせた提案をいたします。

関連記事

疲弊する指導者と遠慮する若手研究者

ネイチャー・リサーチが、日本の研究者と学生に対し、学術論文の執筆やその指導に関するアンケートを行った。

「パートナーシップ」に戻る

プライバシーマーク制度