Review Abstract

肝硬変における慢性肝不全の急性増悪

Acute-on-chronic liver failure in cirrhosis

2016年6月9日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16041 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.41

肝硬変における慢性肝不全の急性増悪
拡大する

慢性肝不全の急性増悪(ACLF)の定義には議論がある。欧州および北米では、欧州肝臓学会/慢性肝不全(ESAL-CLIF)コンソーシアムのガイドラインに従ってこの用語を取り扱っている。ここでのACLFの定義は、肝硬変患者に発症する症候群の1つで、急性代償不全、臓器不全および高い短期死亡率を特徴とする病態とされている。急性代償不全で入院した患者の1/3は、ACLFを呈しているか、あるいは入院中にこの症候群を発症する。ACLFは、細菌感染症、急性アルコール性肝炎、薬剤性肝炎またはウイルス性肝炎などの引き金となる事象との密接な時間的関係において頻発する。しかし、患者の約40%については引き金となる事象が特定できていない。ACLFの発症機構には、感染症や急性肝障害による全身性炎症が関与しているが、引き金となる事象が特定できない症例では、おそらく、細菌または細菌産生物の腸内局在変化が関係するとみられる。ACLFのグレードは臓器不全の数に応じて3段階(ACLFグレード1—3)に分けられ、グレードが高いほど死亡率が高い。最も多く見られる臓器不全は肝臓と腎臓の不全であり、血液凝固、脳、循環器系および呼吸器系の不全がそれに続く。ACLFに関連する28日死亡率は30%である。標準治療で回復するのは、ACLFのグレードに応じて、患者の16—51%のみであり、ACLFが安定または進行した患者の割合は今も多いままである。ACLFグレード2および3の特定患者に肝移植を行うことで、6ヵ月生存率が10%から80%に上昇する。

PrimeView
このPrimeViewでは、肝硬変における慢性肝不全の急性増悪の病態生理について取りまとめる。肝硬変患者では、敗血症やアルコール性肝炎などの炎症が引き金となって急性肝代償不全と臓器不全が生じることがあり、そのため短期死亡率が高くなる。
本Primerの図解サマリー

The definition of acute-on-chronic liver failure (ACLF) remains contested. In Europe and North America, the term is generally applied according to the European Association for the Study of the Liver-Chronic Liver Failure (EASL-CLIF) Consortium guidelines, which defines this condition as a syndrome that develops in patients with cirrhosis and is characterized by acute decompensation, organ failure and high short-term mortality. One-third of patients who are hospitalized for acute decompensation present with ACLF at admission or develop the syndrome during hospitalization. ACLF frequently occurs in a closed temporal relationship to a precipitating event, such as bacterial infection or acute alcoholic, drug-induced or viral hepatitis. However, no precipitating event can be identified in approximately 40% of patients. The mechanisms of ACLF involve systemic inflammation due to infections, acute liver damage and, in cases without precipitating events, probably intestinal translocation of bacteria or bacterial products. ACLF is graded into three stages (ACLF grades 1–3) on the basis of the number of organ failures, with higher grades associated with increased mortality. Liver and renal failures are the most common organ failures, followed by coagulation, brain, circulatory and respiratory failure. The 28-day mortality rate associated with ACLF is 30%. Depending on the grade, ACLF can be reversed using standard therapy in only 16–51% of patients, leaving a considerable proportion of patients with ACLF that remains steady or progresses. Liver transplantation in selected patients with ACLF grade 2 and ACLF grade 3 increases the 6-month survival from 10% to 80%.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度