Research press release

他人の選択が自分の決断に影響する仕組み

Nature Neuroscience

How other people’s choices affect our own

自分に似た人が危険を冒すか安全策をとるかの決断をすると、その決断がその選択の主観的価値を増加させて我々の行動に影響を与えるという報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、社会的な影響が意思決定に影響を及ぼす仕組みについての理解を深めるものであり、個人の意思決定を社会的要因を介して改変しようとする試みを導く可能性を秘めているかもしれない。

危険性のある選択肢に関する決断は、特定の結果を生じる確率のような客観的情報と、危険性に対する各人の傾向との両者によって導き出される。危険性の高いあるいは低い選択肢からの各人の選択に他人の決断が影響を及ぼすことは知られているが、決断を下すにあたって他人の決断を各人の好みとどのように組み合わせているのかについては分かっていない。

Pearl Chiuたちは、賭け事課題の際に危険性の高い選択肢(確率は低いが見返りは大きい)と、安全な選択肢(確率は高いが見返りは少ない)とで決断を下す70名の被験者について、他人の選択を観察する場合としないで自分で決断する場合を比較研究した。被験者は、他人の選択を観察すると他人が以前に下したのと同じ選択をする傾向が強かった。他人の選択が被験者自身の危険性に対する好みに沿ったものであるとこの効果はいっそう強く、また危険性をきらう被験者は、他人の下す安全な選択に影響を受けやすいし、その逆も観察できた。別の実験でChiuらは、被験者が見た選択はコンピュータが無作為に生み出したものだと被験者に伝えた場合、危険性を伴う行動は影響を受けないことを発見した。

またChiuたちは機能的磁気共鳴画像化法(fMRI)を用い、選択肢の主観的価値が社会的影響に起因して増加するのは、腹内側前頭前皮質という、選択に関する主観的価値を符号化するとされる領域の神経活動に反映されていることを示した。

The decisions of other people similar to ourselves to take a risk or play it safe influence our own behavior by increasing the subjective value of a particular choice, reports a study published online in Nature Neuroscience. This finding increases our understanding of how social influences affect decision-making and could potentially guide efforts to alter individual decision-making via social factors.

Decisions about risky options are guided by both objective information, such as the likelihood of a particular outcome, and our attitudes towards risk. Other people’s decisions are known to influence our own choices of risker or safer options, but it is unknown how we incorporate them with our own preferences to make a decision.

Pearl Chiu and colleagues studied 70 human participants as they made decisions between risky (less probable, but higher payoff) and safe (more probable, but lower payoff) options in a gambling task, either on their own or after observing the choices of others. Participants were more likely to make a choice if they had observed that others had previously made the same choice. This effect was stronger when the choices of others were aligned with a participant’s own risk preferences: risk-averse participants were more likely to be influenced by another’s choice of a safe option, and vice versa. In a separate experiment, the authors found that risk-taking behavior was not affected when participants were told that a computer had randomly generated the choices they observed.

Using functional magnetic resonance imaging (fMRI), the researchers showed that the increased subjective value of an option due to social influence was reflected in activation of the ventromedial prefrontal cortex, an area known to encode the subjective value of choices.

doi: 10.1038/nn.4022

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度