Research press release

精神障害への経路

Nature Neuroscience

Pathways to psychiatric disorder

統合失調症、双極性障害、大鬱病のようなよくある精神障害には、共通する遺伝的危険因子があり、免疫機能とDNA発現の変化に関連するものだという報告が、今週のオンライン版に掲載される。

ヒトゲノムに散らばる数百の遺伝的差異が、わずかとはいえ統合失調症のような精神状態に関する危険性を増加させる。ただし、これらの遺伝的変化が脳機能の変化につながるさまざまな生理過程に影響を及ぼす仕組みは明らかではない。

Gerome Breen、Peter Holmansほかの研究者は、統合失調症、双極性障害、大鬱病、自閉症スペクトラム障害、注意欠陥多動性障害および健常者を含む6万人を超える被験者から得た遺伝的データを解析した。Breenたちは、全ての障害をまとめて遺伝的データを分類し、ヒストンのメチル化(DNA発現を変化させる分子修飾)と免疫機能に関わる遺伝子がこれら障害の進展に関連することを発見した。これを契機に、疾患を横断して共通する生理機構が特定され、正確な診断にかかわらない標的治療法を開発する助けとなる可能性がある。

Common psychiatric disorders such as schizophrenia, bipolar disorder and major depression share genetic risk factors related to immune function and changes in DNA expression, reports a study published online this week in Nature Neuroscience.

Hundreds of genetic differences across the human genome slightly increase the risk for psychiatric conditions such as schizophrenia. It is not clear, however, how these genetic changes affect different biological processes that then go on to alter brain function.

Gerome Breen, Peter Holmans and colleagues analyzed genetic data from over sixty thousand participants, including individuals with schizophrenia, bipolar disorder, major depression, autism spectrum disorders and attention deficit hyperactivity disorder, as well as healthy individuals. When the authors grouped the genetic data for all disorders together, they found that genes relating to histone methylation (molecular changes that alter DNA expression) and immune function are risk factors associated with the development of these disorders. This begins to identify shared biology across disorders that may help in developing targeted treatments irrespective of exact diagnosis.

doi: 10.1038/nn.3922

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度