Research press release

自閉症に関わる変異の分析

Nature Neuroscience

Parsing autism mutations

自閉症スペクトラム障害の原因とされる変異と、分子や行動へのさまざまな影響とのつながりについて、今週号で報告される。今回の発見は、多様な自閉症変異と、広汎な様相を示す臨床像との関係を解きほぐすきっかけとなるものであ る。

Dennis Vitkupと共同研究者たちは、自閉症スペクトラム障害の患者でこれまでに変異が発見されている1000近くの遺伝子を、その遺伝的影響を基に分類した。自閉症スペクトラム障害患者に見られる変異は、患者の健常な兄弟姉妹の持つ良性変異と比較したところ、脳で高度に発現している遺伝子に影響していた。Vitkupたちは、この傾向は女性患者でずっと顕著で、こうした遺伝子が男性におけるよりも2倍近くも強く発現していることを発見した。

さらに、遺伝子の機能をすっかり失わせている変異は、IQ値の低い患者に見られ、一方、変異がそれほど重篤ではない者は、知的機能は正常であった。こうした変異がどちらも同じ分子や細胞過程に影響しているならば、今回の発見は、その機能に強い影響を及ぼす変異が自閉症の重い症状に関連していることを示している。

The link between mutations believed to cause autism spectrum disorders and different molecular and behavioral effects, is reported this week in Nature Neuroscience. These findings begin to unravel the relationship between diverse autism mutations and their widely varying clinical presentation.

Dennis Vitkup and colleagues grouped nearly 1000 genes, which have previously been found to be mutated in patients with autism spectrum disorders, based on their genetic effects. Mutations found in patients with autism spectrum disorders, compared to the benign mutations in their healthy siblings, affect genes that are more highly expressed in the brain. The authors found that this was more pronounced in female patients where the genes were expressed at levels up to twice as high as those in males.

In addition, mutations that abolish the function of a gene completely were found in patients with low IQ scores, whereas those with less severe mutations had normal intellectual function. Given that both classes of mutations affect the same molecular and cellular processes the results indicate that mutations with stronger functional effects are associated with worse autism features.

doi: 10.1038/nn.3907

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度