Research press release

ドーパミンと不安症

Nature Neuroscience

Dopamine and anxiety

Nature Neuroscience(電子版)に掲載される研究によると、悲観的な情動の合図(cue)に対する応答の個人差は、脳に貯蔵できるドーパミン量の違いに基づくものである。このことは、人によってストレスの多い出来事や感情的な出来事を処理するやり方が違うことを説明する上で役立つだろう。

A Heinzらは、神経伝達物質であるドーパミンを貯蔵できる容量を扁桃体で測定した。扁桃体は脳の情動処理にかかわる領域で、ドーパミン貯蔵容量と情動処理の個人差には関連があることがわかった。悲しい絵を見ると、ドーパミン貯蔵容量の大きい人ほど扁桃体と前帯状皮質の活動が高まる。さらに、扁桃体と前帯状皮質の機能共役は被験者の特性不安(trait anxiety)の標準検査における得点と逆相関した。

この研究によると、人の気質の違い、特にストレスが多い出来事や感情的な出来事を処理するやり方に関しては、ドーパミン貯蔵容量の個人差が1つの説明となりうる。

Individual differences in reactions to negative emotional cues are based on how much dopamine can be stored in our brain, according to a study published online this week in Nature Neuroscience. This could help to explain why different people deal with stressful or emotional events in different ways.

Andreas Heinz and colleagues measure the storage capacity of the neurotransmitter dopamine in the amygdala, an area of the brain that is involved in emotional processing, and find an association between individual differences in dopamine storage capacity and emotional processing. The team shows that people with a higher storage capacity of dopamine have a greater activation of the amygdala and anterior cingulate cortex when viewing unhappy pictures. Moreover, the functional coupling between the amygdala and anterior cingulate cortex correlated inversely with their subjects’ score on a standard test of trait anxiety.

This work provides a possible explanation for how individual differences in dopamine storage capacity can explain differences in individual temperament, particularly as they relate to how people cope with stressful or emotional events.

doi: 10.1038/nn.2222

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度