Research press release

心拍の自覚

Nature Neuroscience

Heartbeat awareness

心拍のように体の内側から発する刺激を感じる神経経路が明らかになった。独特な脳損傷パターンをもつ珍しい患者の研究によるもので、Nature Neuroscience(電子版)に発表される。

以前の脳イメージング研究から、心拍のような内部刺激を感じるには、島皮質と前帯状皮質という領域のネットワークが重大な意味をもつことが報告された。島皮質は体の恒常性維持に役割を果たす脳深部の領域であり、前帯状皮質は血圧、心拍数など自律機能を制御する領域である。両者は、情動処理、その他の認知機能にもかかわっている。

S Khalsaらは、島皮質と前帯状皮質を損傷した患者であっても心拍数を上げる薬を投与すると、意外にも心拍の上昇を感知できると報告している。しかし、胸部に局所麻酔薬を投与すると、この患者はもはや心拍数の変化を感じられなかった。この研究から、皮膚を支配する神経構造は独自に心拍の自覚を監視でき、さらに島皮質と前帯状皮質は、この種の自己認識に必要とはかぎらないことが示唆される。

The neural pathway by which we feel stimuli originating inside our bodies ― such as our heartbeat ― is illuminated by studying an unusual patient with unique patterns of brain damage, according to a study published online this week in Nature Neuroscience.

Previous brain imaging studies reported that a network of brain regions were critical for sensing internal stimulus, such as heartbeat. Two such regions of interest are the insular cortex ― an area deep in the brain which plays a role in the body's homeostasis ― and the anterior cingulate cortex ― a region that regulates automatic functions, such as blood pressure and heart rate. These brain regions are also involved in emotion processing and other cognitive functions.

Sahib Khalsa and colleagues report that a patient who had suffered damage to his insular cortex and anterior cingulate cortex is surprisingly still able to sense an increase in his heartbeat, when given a drug that increased his heart rate. However, when a topical anesthetic was applied to his chest, this patient was no longer able to sense the change in his heart rate.

This study suggests that the neural structures innervating the skin are able to independently monitor self-awareness of one's own heartbeat and that moreover the insular cortex and anterior cingulate cortex are not necessary for this type of self-awareness.

doi: 10.1038/nn.2411

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度