Research press release

気持ちを若く、実際に若く

Nature Neuroscience

Young at heart, young in mind

アルツハイマー病の症状を示す高齢者で増加している脳活動は、この疾患に伴う病的変化を補う助けとなるとの研究が、今週号に報告されている。

アルツハイマー病では脳にβアミロイド(Aβ)というタンパク質が沈着し、これが脳細胞を障害する原因となる。

William Jagustたちは、機能的磁気共鳴画像化法を用い、健康で若い成人と高齢者、および脳にAβ沈着が報告されている高齢者について、情景画像を記憶しようとする際の脳活動を調べた。両群の高齢者ともこの課題を同程度にうまくこなしたが、若い成人とAβ沈着を持つ高齢者では、脳の視覚野と記憶野の活動が、情景の詳細に関する記憶の増強と直接関連していた。これに対して、Aβ蓄積のない高齢者では、視覚や記憶に概して関わらない脳領域での低い活動が、情景の詳細をどの程度うまく記憶するかを強く予測するものであった。

これらの結果は、Aβ蓄積のある者での活動の増加は、通常の機能を維持しようと、脳がAβに起因する障害に適応した結果である可能性が考えられると示唆している。

Increased brain activity in older adults exhibiting symptoms of Alzheimer’s disease helps them compensate for negative changes associated with the disease, reports a study published this week in Nature Neuroscience.

Alzheimer’s disease is associated with the accumulation of a protein known as beta amyloid (Aβ) in the brain, resulting in damage to brain cells.

William Jagust and colleagues used functional magnetic resonance imaging to track brain activity of healthy young adults and older adults, as well as older adults with documented brain Aβ deposits, as they tried to memorize pictures of scenes. Both groups of older people did equally well in this task. However, in young adults, and in older adults with Aβ accumulation, activity in the visual and memory areas of the brain correlated directly with an increase in memory of the details of the scene. In contrast, for older adults with no Aβ accumulation, lower activity in areas not generally associated with vision and memory, was a greater predictor of how well they remembered the details of the scenes.

These results suggest that greater activity in individuals with Aβ brain accumulation might be the result of the brain adapting to the damage caused by Aβ in an effort to maintain normal function.

doi: 10.1038/nn.3806

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度