Research press release

正々堂々

Nature Neuroscience

Fair play

背外側前頭前野という脳領域に障害があると、患者は公正な判断よりも自己中心的な判断をしやすくなるとの研究報告が、今週掲載される。

Ming Hsuたちは、背外側前頭前野または眼窩前頭野(前頭部背後にある脳領域)に持続して脳障害を持つ患者、ならびに脳に障害のない対照者を観察した。被験者にエコノミックゲームをやってもらい、お金を協働的に分配する方法を決める際に、私利に走るか公正を重んじるかを調べた。

Hsuたちは、他の2群に比べて背外側前頭前野に障害のある患者では、パートナーに嘘をついてパートナーが自分よりも金銭的利益を多く得ないようにする傾向が強いことを発見した。そして、これらの結果をモデル化することにより、背外側前頭前野は通常では私利よりも正直であることを優先するのに役立っていて、この領域に障害があるとこうした能力が損なわれるという結論を出している。

Patients with damage to a brain region called the dorsolateral prefrontal cortex are more likely to favor selfish decisions over fairer ones, reports a study published this week in Nature Neuroscience.

Ming Hsu and colleagues looked at patients who had sustained brain damage to either their dorsolateral prefrontal cortex or their orbitofrontal cortex (different areas of the brain region behind the forehead), as well as people without brain damage. The participants were asked to play economic games that pitted self-interest against fair play when deciding how to cooperatively split money.

The authors found that compared to the other two groups, the patients with damage to their dorsolateral prefrontal cortex were more likely to lie to their partner to prevent them from having better financial gain compared to themselves. By modeling these results, Hsu and colleagues also concluded that the dorsolateral prefrontal cortex normally helps to promote honesty over self-interest, and damage to this region impairs this ability.

doi: 10.1038/nn.3798

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度