Research press release

脳の中での処罰

Nature Neuroscience

Punishment in the brain

意図的な有害行為の生々しい表現は、脳の情動処理に関わる扁桃体における活動を活発にし、意思決定に関わる外側前頭前野と扁桃体との接続を強める。今週号に発表されるこの発見は、有害な行為に対し適切な処罰の重さを判断する際、情動的な反応と意図的な意思決定とを結び付ける仕組みを明らかにしている。

処罰の決定には2つの要素が影響する。直感的な情動反応と、知的な評価である。これまでの研究では、処罰の決定はその行為が目的のはっきりしたものと受け止められるかそうでないかによって変化すると報告されているが、これについての神経学的背景は知られていなかった。

Michael Treadwayたちは、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用い、財産の損害や死のような有害な筋書きに偶然または意図して関わった人にどの程度の処罰を与えるかを決断する人々の脳活動を追跡した。これらの筋書きのうち半分は客観的に表現され、残りの半分は生々しく表現された。

Treadwayたちは、生き生きと描写された筋書きに対しては処罰の程度が高くなるが、これは意図的な有害行為の場合にのみ見られることを発見した。この場合、被験者の扁桃体ではfMRI活性が高くなり、同様に扁桃体と背側外側前頭前野との接続活性も高くなっていた。対照的に、意図しない有害行動に対してはゆるい処罰を割り当てた。この場合、扁桃体と背側前側帯状回皮質(他人の精神状態の解明に関わる)との接続が活発になったとTreadwayたちは報告している。今回発見された2通りの接続パターンは処罰の決定に対する情動要因を説明し、時に厳しい処罰が下される理由を明らかにするものかもしれないとTreadwayたちは示唆している。

Graphic descriptions of intentionally harmful acts boost brain activity in the amygdala - a region involved with processing emotions - and strengthen its connectivity with the lateral prefrontal regions, which are involved in decision-making. These findings, reported this week in Nature Neuroscience, reveal a mechanism by which emotional reactions and measured decision-making interact when people decide on the severity of punishment appropriate for harmful actions.

Two factors can influence people’s punishment decisions: instinctive, emotional reactions and intellectual assessments. Previous studies report that punishment decisions vary based on whether the act is perceived as purposeful or not, but the neuronal basis for this has been unknown.

Michael Treadway and colleagues used functional magnetic resonance imaging (fMRI) to track brain activity while people decided how much punishment to give someone involved in an accidentally or intentionally harmful scenario, such as property damage or death. Half of these scenarios were objectively described, while the other half were graphically described.

The authors found higher punishment ratings for the vividly described scenarios, but only in the intentionally harmful cases. In these, the fMRI activity in participants’ amygdala was greater as was the connectivity activity between the amygdala and the dorsolateral prefrontal cortex. In contrast, participants meted out more moderate punishment for the unintentionally harmful behavior. In these cases, the authors report greater connectivity between the amygdala and the dorsal anterior cingulate cortex, which is involved in working out the mental states of others. The authors suggest that the two different patterns of connectivity found may explain the emotional component of punishment decisions, and why sometimes people decide on harsher punishments.

doi: 10.1038/nn.3781

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度