Research press release

後悔するラット

Nature Neuroscience

Regretful rats

ラットが後悔に相当する行動を示すとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。

Redishたちは、ラットを訓練して、4つの報酬領域を次々に通過しながら円を描いて走るという「レストラン街 (restaurant row)」という課題をさせた。それぞれの領域では給餌器が風味の異なる食物を提供し、実験を通じてその食物は一定にした。報酬領域にラットが止まるたびに音が出て、特定の風味を持つ報酬を受け取るのにそこでどのくらい待たなければならないかを知らせるようにした。ラットは、どの食物がどの程度好きなのかと、どのくらい待たなければならないかの2点に基づいて、報酬領域に留まるか立ち去るかを選ばなければならない。

時にラットは好みと待ち時間の適度な組み合わせをやり過ごしてしまい、次の領域ではもっと悪い組み合わせしか提供されないことを知ることになる。このような状況で、ラットはしばしば通り過ぎてしまった報酬領域を振り返り、次の領域で長い待ち時間が過ぎ去るのを受け入れ、大急ぎで報酬を消費しようとした。これらの行動は、後悔の表出と見なされる。

期待される成果についての情報を符号化するとされる脳構造は、失った好機についての信号も符号化している。ラットが報酬を受け取ると予期したとき、眼窩前頭皮質と腹側線条体にあるニューロンが風味によって特異的な活動パターンを示し、この特徴的なパターンはまた、ラットが風味報酬を受けられたかもしれない領域を振り返ったときにも同じく見られた。この研究は、齧歯類では後悔に似た過程が意思決定に影響を及ぼす場合があることを示唆している。

Rats express behavior consistent with regret, reports a paper published online this week in Nature Neuroscience.

Redish and colleagues trained rats to do a “restaurant row” task in which they ran in a circle past a series of four reward zones. The food dispenser in each zone provided a different flavored food, which was constant across the experiment. Every time a rat stopped into a reward zone, a tone indicated how long it would have to wait in that zone to receive a specific flavor reward. The rat had to choose whether to stay or go, based on how much it liked that food and how long it would have to wait.

Sometimes the rat skipped a reasonably good combination of flavor and wait, only to find out that the next zone had a much worse offering. In these situations, rats often looked back at the reward zone they had just passed over, were more likely to wait out a long delay at the next zone, and rushed through consuming the reward-behaviors consistent with the expression of regret.

Brain structures that are known to encode information about expected outcomes also encode signals about missed opportunities. Neurons in the orbitofrontal cortex and ventral striatum showed flavor-specific activity patterns when the rats expected to receive a reward and these characteristic patterns were also seen when the animals looked back at a reward zone where they could have received that flavor reward. This work suggests that processes similar to regret can modify decision making in rodents.

doi: 10.1038/nn.3740

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度