Research press release

匂いと食欲をつなぐカンナビノイド

Nature Neuroscience

A cannabinoid connection between smell and appetite

食物の匂いを嗅ぐと食物摂取量が増加するのは、嗅球に存在するカンナビノイド1型受容体(CB1)の働きに依存しているとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この研究ではまた、CB1受容体の活性化が匂いの感知を増強し食物摂取を導くことを示しており、 肥満に関わる食物摂取行動の変更を目的とする薬理的標的としてこれら受容体が有力であると示唆している。

短期の食事節制は哺乳類脳内で内在性カンナビノイド(大麻類)量を増加させることが知られている。空腹はまた、嗅覚を増強し食物摂取を促進するとされる。Giovanni Marsicanoたちの報告によると、マウスの主嗅球にはカンナビノイド(CB1)受容体があり、内在性カンナビノイドまたは外部からのカンナビノイド(大麻に含まれるマリファナなど)によりそれら受容体を活性化すると、断食に誘導される食物摂取が増加する。事実、マウスに外因性カンナビノイド(マリファナ中の活性要素であるTHCなど)を与えると食欲が増加するのはよく見られる。Marsicanoたちは、嗅球にあるカンナビノイド受容体のこの一群は食物摂取行動の増加を見るのに同じく必要であることを発見した。

このカンナビノイド受容体群は動物が断食または空腹のときのみ食物摂取の増加を調整すると思われるため、嗅球中のCB1受容体は食物摂取行動を変更するための有力な薬理標的となる可能性がある。

The increase in food intake that occurs after smelling food relies on the presence of the cannabinoid type-1 (CB1) receptor in the olfactory bulb, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. The work also shows that CB1 receptor activation enhances odor detection leading to food intake, and suggests that these receptors could be a potential pharmacological target for altering feeding behavior that contributes to obesity.

Brief abstinence from food is known to increase the level of endogenous cannabinoids in the mammalian brain. Hunger is also known to enhance our sense of smell and promote ingestion of food. Giovanni Marsicano and colleagues report that the main olfactory bulb of mice contains cannabinoid (CB1) receptors whose activation by endogenous cannabinoids or exogenous cannabinoids (such as those in marijuana) increase fasting-induced food intake. Indeed, an increase in appetite when mice are given exogenous cannabinoids (such as THC, the active ingredient in marijuana) is commonly seen. The authors found that this population of cannabinoid receptors in the olfactory bulb was also necessary to see this increase in feeding behavior.

Because this population of cannabinoid receptors only seems to modulate an increase in food intake when the animal is fasting or hungry, CB1 receptors in the olfactory bulb may represent a potential pharmacological target for altering feeding behavior.

doi: 10.1038/nn.3647

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度