Research press release

脳内免疫細胞が社会的行動の形成を助ける

Nature Neuroscience

Brain immune cells help shape social behavior

マウスでは、ニューロン間の過剰な接続の削除に関わる初期発生過程の欠陥は、社会的行動の変化を伴う。今週号に掲載されるこの報告は、社会的行動の神経生物学に新たな光を投げかけ、自閉症や強迫性障害(OCD)における社会的欠陥の理解を深める可能性がある。

発生過程におけるシナプス刈り込みはミクログリア(小膠細胞)の介助による。これら細胞は脳にある非神経細胞で、免疫応答にその機能を持つ。これまでの研究で、ミクログリアが低下しているマウスは学習や記憶に欠陥があることが示されている。これらの発見は、多くの精神医学疾患の症状である社会的行動や認知行動に生じる変化は、ニューロン間の接続が発生過程で変化したために起こるという考えを支持するものである。

Cornelius Grossたちは、遺伝的に改変して脳内のミクログリアの数を一時的に減少させたマウスを研究した。このマウスでは、他のマウスとの社会的接触の減少と同時に、毛づくろい行動の増加が見られ、OCDや自閉症スペクトラム疾患のような疾患に見られる繰り返し行動との類似が示唆される。またGrossらは脳試料を調べ、これらマウスではシナプス刈り込みが不十分で、認知および社会的行動に関わる2つの脳領域である海馬と前頭前野との間の機能する接続が減少していることを示した。

Defects in an early developmental process, involving the removal of extra connections between neurons, are associated with alterations in social behavior in mice. The results, reported this week in Nature Neuroscience, may shed light on the neurobiology of social behavior and have implications for our understanding of social deficits in autism or obsessive compulsive disorder.

The developmental process synaptic pruning is mediated by microglia, a non-neuronal cell type in the brain that also functions in immune responses. Mice with compromised microglia have previously been shown to have deficits in learning and memory. These findings add support to the idea that altered social and cognitive behaviors, symptoms of many psychiatric disorders, may be caused by altered development of the connections between neurons.

Cornelius Gross and colleagues studied genetically-modified mice in which there was a transient decrease in the number of microglia in the brain. These mice showed decreased social interaction with other mice, as well as increased grooming behavior, which has been suggested to be analogous to repetitive behaviors seen in disorders like OCD and autism spectrum disorders. Looking at brain samples, the authors also found that these mice showed deficient synaptic pruning, and reduced functional connectivity between the hippocampus and prefrontal cortex, two regions of the brain implicated in cognitive and social behaviors.

doi: 10.1038/nn.3641

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度