Research press release

母乳を通じた記憶能のプログラミング

Nature Neuroscience

Programming memory ability through mother’s milk

成体マウスで記憶をたどる能力は、母乳に含まれる免疫系の因子による影響を受ける可能性があるとの報告が、オンライン版に掲載される。この発見は、ケモカインという免疫因子が母乳を通じて子孫に伝達され、免疫系の発達だけでなく脳の発達やさらなる認知面の能力に影響を及ぼす可能性を示している。

Miklos Tothたちは、マウスの母親がTNF-αという免疫系の遺伝子を持つか持たないかで、そのマウスが成長したときの記憶能力に影響が現れることを発見した。これは、仔マウス自身がその遺伝子を持つか持たないかには関係がなかった。母親の行動や子宮内環境の影響を除外した一連の実験を通じて、Tothたちはこの効果が母乳を通じて仔マウスに伝えられたケモカインによるものであることを明らかにした。母乳中のケモカインはまた、仔の脳にも変化を生じさせており、海馬に新しく生まれるニューロンの数が増加していた。海馬は空間記憶や前後関係依存記憶に関わる脳領域とされており、ひいては成体での記憶に影響すると考えられる。

The ability to remember in adult mice can be affected by immune system factors that were present in their mother’s milk, reports a study published online in Nature Neuroscience. The findings show that these immune factors, or chemokines, transmitted to offspring through mother’s milk not only affect development of the immune system, but also of the brain and future cognitive abilities.

Miklos Toth and colleagues found that whether or not a mouse’s mother carried a particular immune system gene, TNF--alpha, affected memory skills in adulthood, regardless of whether the mouse itself carried the gene. Through a series of experiments ruling out effects of maternal behavior or in utero environment, they determined that this effect was due to chemokines transmitted to pups from the mother’s milk. Milk chemokines also caused changes in the brains of offspring, including increasing the number of new neurons born in the hippocampus, a region of the brain known to be involved in spatial and contextual memory, which in turn affected adulthood memory.

doi: 10.1038/nn.3596

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度