Research press release

コカイン中毒の再発抑制を増強

Nature Neuroscience

Enhancing a brake on cocaine relapse

コカインの使用中止を経験しているラットで脳内にある神経伝達物質グルタミン酸受容体の機能を強化すると、薬物を欲しがる行動を抑制できるとの研究が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、薬物中毒の再発を妨げる有効な薬理学的治療戦略を示唆している。

回復途上にある薬物中毒者が最初の薬物使用を思い出すような状況にあると、強い渇望を経験し、それが再発を誘発しかねない。薬物中断が引き起こす渇望は、中毒過程に関与するとされる中隔側坐核という脳領域での分子的変化に結びついている。これまでのMarina Wolfたちの研究では、ラット でしばらくの薬物中断に続いてコカインを使用すると、中隔側坐核にあるカルシウム透過性AMPA受容体(CP-AMPAR)が介在する神経シナプス伝達に長く持続する強化を導くことが報告されている。CP-AMPAR介在型シナプス伝達はまた、mGluR1というグルタミン酸受容 体の活性化によって抑制されることがある。

Wolfたちは、mGluR1の機能を増強できるSYN119という分子が渇望に対して示す効果をラットで調べた。コカイン中断を行っているラットが以前にコカイン摂取と関連づけた合図にさらされると示す渇望が、SYN119を投与しておくと減少することをWolfたちは発見した。それに加えて、mGluR1の増強は、それらラットの中隔側坐核におけるCP-AMPAR介在型シナプス伝達の活動を正常化した。

今回の結果がヒトの薬物中毒者に適用できるか否かは不明だが、薬物中断を制御するための治療法を発展させる新たな方向性を導くものである。 SYN119の効果は数日間持続するので、過去の中毒者が継続して節制するための実行可能な選択肢として、mGluR1増強処置が使える可能性が示されたといえる。

Enhancing the function of certain glutamate neurotransmitter receptors in the brains of rats experiencing cocaine withdrawal can suppress drug seeking behavior according to a study published online this week in Nature Neuroscience. These findings suggest a potential pharmacological therapeutic strategy for the prevention of relapse in addiction.

When recovering addicts are in a situation that reminds them of prior drug use, they often experience cravings, which can precipitate relapse. Withdrawal-induced craving is tied to molecular changes in the nucleus accumbens, a brain region known to participate in addiction processes. Previous studies have reported that in rats Wolf and colleagues had previously shown that cocaine use followed by prolonged withdrawal led to a long-lasting increase in neuronal synaptic transmission, mediated by calcium-permeable AMPA receptors (CP-AMPAR) in the nucleus accumbens. Also, CP-AMPAR-mediated synaptic transmission can be suppressed by the activation of a glutamate receptor called mGluR1.

Marina Wolf and colleagues tested the effect of SYN119, a molecule that can enhance mGluR1 function, on cravings in rats. They found that rats having undergone cocaine withdrawal and exposed to cues previously associated with cocaine consumption showed reduced craving when SYN119 was administered. In addition, the mGluR1 enhancer normalized the level of CP-AMPAR-mediated synaptic transmission in the nucleus accumbens of these animals.

While it is not known whether these results will translate to human addicts, they provide a new lead for the development of therapeutics designed to control relapse. The effects of SYN119 lasted several days, suggesting that mGluR1 enhancer treatment could represent a viable option to prolong abstinence in former addicts.

doi: 10.1038/nn.3590

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度