Research press release

女性の存在で落ち着く

Nature Neuroscience

A calming female presence

つがいの相手となる雌が存在するときにとりわけ目立つ、雄のハエが別の雄に示す攻撃的な行動は、その雄がそれ以前に雌ハエに接触していると抑制される場合がある。今週オンライン版に報告されるこの結果は、性的な競争相手に対する攻撃的な態度の抑制には、雌のフェロモンが介在しており、それを検知する特別の神経回路が雄のみに存在することも示している。

キイロショウジョウバエでは、事前の社会的経験がさまざまな行動面の相互作用に影響をおよぼすことが知られている。同種の他個体に対する攻撃的な行動はさまざまな進化をとげた生物種にみられるもので、雄のハエは攻撃的な姿勢やしぐさをいろいろ示すことが知られており、相手に対する突進などがそれに含まれる。

Yuh Nung Janらは、攻撃側の雄が事前に雌ハエと数日間いっしょに過ごすと、ほかの雄に対する攻撃的な行動をあまり示さなくなることを発見した。攻撃のこのような阻害は、いろいろなショウジョウバエのうちでも同じ種の雌に連続して接触したあとでのみ起こり、しかも雄ハエと雌ハエの身体的な接触を必要としている。接触が視覚や嗅覚に関わる雌の刺激だったり、あるいは交尾であってもそれが短期間の一過性のものだったりだと、いずれも攻撃的行動を鈍らせるのに不十分であった。Janらはまた、このような攻撃的態度の阻害に介在する特異的な神経回路についても調べ、雌ハエから出るフェロモンが雄ハエの脚の剛毛にある化学受容器によって検知されることを見つけた。化学物質によるこの情報はついで、雄ハエの脳にのみ存在する神経回路に伝達される。

雄対雄の攻撃は配偶者争いに影響し、繁殖における有利さを偏向させる可能性がある。またこの行動は動物のさまざまな種にわたって高度に保存されている。今回の研究は、こうした行動が事前の社会的経験によって変更されうるしくみについての洞察をもたらすものである。

The aggressive behaviors male flies display towards other males, particularly in the presence of female mating partners, can be reduced if the males are previously exposed to female flies. The results, published online this week in Nature Neuroscience, further show that this suppression of aggression towards sexual competitors is mediated by a female pheromone detected by a specific neural circuit present only in male flies.

Prior social experiences are known to influence various behavioral interactions amongst the fruit fly Drosophila melanogaster. Aggressive behavior towards other members of the same species is seen across the evolutionary spectrum, and male flies are known to exhibit various aggressive postures and gestures including a male fly lunging towards another.

Yuh Nung Jan and colleagues found that male flies show less aggressive behavior towards other males if the aggressor male was previously housed together with female flies for several days. This inhibition of aggression only occurred following prolonged exposure to the females of the same Drosophila species, and required physical contact between male and female flies. Neither exposure to just visual or olfactory cues of the opposite sex, nor brief episode of copulation itself was sufficient to blunt the aggressive behaviors. Jan and colleagues also examined the specific neural circuit that mediates this inhibition of aggression. They found that pheromones released by female flies are detected by male chemical receptors on the bristles of their legs. This chemical information is then conveyed to a neural circuit unique to the male fly’s brain.

Male-male aggression can influence mate competition and bias reproductive advantage, and this behavior is highly conserved across different species of animals. The current work provides insights into how this behavior can be modulated by prior social experience.

doi: 10.1038/nn.3581

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度