Research press release

脳卒中後の神経発芽を調節する遺伝子群

Nature Neuroscience

Genes regulating neuronal sprouting after stroke

脳卒中後の回復に伴う成長を示す神経細胞と示さない神経細胞の遺伝子発現の違いが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で報告されている。この発見は、ヒトの脳卒中の新たな治療標的を特定する可能性を秘めている。

脳卒中からの回復は、脳が傷ついた組織の担っていた機能を予備の領域で代行するよう再編成する能力に結びつけられていた。この再編成には、予備の神経細胞の軸索伸長、すなわち「発芽」の寄与があると考えられており、発芽によって回復中の脳内で神経が新たに結合できるようになるとされる。しかし、発芽がみられるのは余分な神経細胞の一部集団のみで、なぜこれらだけが「特別」なのかは知られていない。

T Carmichaelらは、脳卒中を起こしたラットの同一個体から、発芽した神経細胞と発芽していない神経細胞を選択的に標識し単離できる方法を開発した。次に、これら2種類の神経群の遺伝子発現プロファイルを比較し、違いを同定した。ヒトの脳卒中患者は高齢者が大多数であり、また脳卒中は加齢性疾患なので、若年ラットと老年ラットの遺伝子発現の違いを比較したところ、多くの有意な差を発見した。

実証実験として、Carmichaelらは、老年ラットで発芽している神経細胞で強く活性化した遺伝子群を選び、さらに研究を行った。彼らはエピジェネティックな調節タンパク質と増殖因子が発芽を促進するよう作用し、抑制性ミエリン受容体の発現が増加して発芽を制限するよう作用したと報告している。

Gene expression differences between neurons that show recovery-associated growth after stroke and neurons that don’t show such growth are reported in a study published online this week in Nature Neuroscience. These findings have the potential to identify novel therapeutic targets for the treatment of stroke in humans.

Recovery from stroke had been associated with the brain’s ability to reorganize by having spared regions assume functions carried out by the compromised tissue. This reorganization is thought to be sub-served, in part, by axonal growth or “sprouting” of spared neurons, which allows them to make new connections in the recovering brain. However, only a subset of spared neurons show sprouting and what makes these neurons “special” is unknown.

Thomas Carmichael and colleagues developed a technique that allowed them to selectively label and then isolate sprouting and non-sprouting neurons from the same rats after stroke. They then compared gene expression profiles of these two neuronal groups to identify differences. Because the majority of human stroke victims are older adults, they also compared gene expression differences between young and aged rats. Because stroke is an age-related disease, they also compared gene expression differences between young and aged rats and found a number of significant differences.

As proof of concept, the authors selected a set of the genes which were highly activated in sprouting neurons from aged rats and studied these further. They report that an epigenetic regulatory protein and a growth factor acted to promote sprouting, whereas up-regulated inhibitory myelin receptors acted to limit sprouting.

doi: 10.1038/nn.2674

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度