Research press release

音声を分類

Nature Neuroscience

Categorizing speech

実際は連続体を成す音でも、特定のカテゴリーに分けて認知してしまう現象をカテゴリー知覚という。Nature Neuroscience(電子版)に発表される研究成果によると、この知覚に相関するのは脳の特定領域の活動であり、聞いた音の物理特性にはよらないことが示されている。

ヒトの脳の後上側頭回が音声処理に重要なことは以前に知られている。E Changらは後上側頭回の電気活動を、てんかんや脳腫瘍の治療のため覚醒下外科手術を受けている患者から直接記録することで、この領域に迫った。患者に同じ音高で連続的に変わる人工音声を聞かせたところ、これらの音は/ba/、/da/、/ga/分類のどれかとして聞き取られた。上側頭回の電気活動には患者の知覚と一致したクラスターが現れたことから、脳の応答は音声の物理特性にほとんど影響されず、その人に音がどう聞こえたかを表していることが示唆される。したがって今回の結果は、脳が入力刺激をより抽象的な表現に変換する仕組みに洞察を与えるものといえる。

Categorical perception is a phenomenon in which we perceive sounds as belonging to specific categories even when they actually form a continuum. A paper published online in Nature Neuroscience this week shows that activity in a specific region of the brain correlates with this perception, rather than the physical characteristics of the sounds heard.

The posterior superior temporal gyrus in the human brain was previously known to be important for processing speech sounds. Edward Chang and his colleagues were able to get direct access to this region, by recording electrical activity in the area from awake patients undergoing brain surgery to treat epilepsy or brain tumours. The patients heard artificially synthesized speech sounds which varied by equal steps along a continuum. However, they heard these sounds perceptually as belonging to either /ba/, /da/ or /ga/ categories. Electrical activity in the superior temporal gyrus showed the same kind of clustering as their perception suggesting that the brain responses were less influenced by the physical characteristics of the speech sounds, but instead reflected how people heard these sounds. These results therefore provide an insight into how the brain transforms incoming stimuli into more abstract representations.

doi: 10.1038/nn.2641

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度