Research press release

バッテン病の新しい薬剤

Nature Neuroscience

A new drug target for Batten disease

小児の悲惨な神経変性疾患であるバッテン病のマウスモデルで、細胞死を軽減し寿命を延ばす抗酸化物質についての報告が、今週オンライン版に掲載される。この結果は、同じような特性を持つ薬剤がこの疾患や同様の欠陥を原因とする他の疾患の治療に用いられる可能性を示している。

バッテン病の中でも重篤な小児神経性セロイドリポフスチン沈着症(INCL)は、幼児期に発症する神経変性疾患で、盲目、運動・精神機能の喪失を引き起こし、死に至る病気である。その原因は、リソソームの機能不全を引き起こすPPT1遺伝子の突然変異である。リソソームは、細胞に不要となった物質を分解するのに重要な細胞小器官である。これら変異はリソソーム酵素によるある種のタンパク質の分解を妨げ、結果として細胞内に蓄積するこれらタンパク質が毒性を示す。

Anil Mukherjeeらは、実験室条件でNtBuHAという既知の化学薬剤がPPT1変異による分子欠陥を補完できることを発見した。この抗酸化剤に毒性はなく、INCL患者から採取した培養細胞において、タンパク質の異常な集積と結果として起こる細胞死を緩和した。PPT1変異を持つつマウスでは、NtBuHAが神経細胞の喪失を防ぎ、行動の低下を緩和し、生存率を上昇させた。それに加え重要なことに、NtBuHAは血液脳関門を通過するので、INCLの諸相のうち中枢神経系に対する有望な治療手段と期待される。

An antioxidant drug that alleviates cell death and extends lifespan in a mouse model of Batten disease-a devastating childhood neurodegenerative disorder-is reported online this week in Nature Neuroscience. These results indicate that drugs with similar properties can potentially be used to treat the disease, as well as other diseases caused by comparable deficiencies.

Infantile neuronal ceroid-lipofuscinosis (INCL), a severe form of Batten disease, is a neurodegenerative disease that develops early in childhood and causes blindness, loss of motor and mental function, and eventually leads to death. It is caused by mutations in the PPT1 gene, leading to dysfunctional lysosome organelles, which are important for breaking down cellular waste material.These mutations prevent the degradation of certain proteins by a lysosomal enzyme, and the resultant accumulation of these proteins in cells is toxic.

Anil Mukherjee and colleagues find that a known chemical drug, NtBuHA, can compensate for the molecular defect caused by PPT1 mutations in a lab setting. This antioxidant drug is non-toxic and alleviated the abnormal accumulation of proteins and consequent death found in cultured cells taken from patients with INCL. In mice carrying a PPT1 mutation, NtBuHA prevented neuronal cell loss, mitigated behavioral deterioration and increased survival rates. Critically, NtBuHA also crossed the blood-brain-barrier, making it a promising therapeutic tool for central nervous system aspects of INCL.

doi: 10.1038/nn.3526

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度