Research press release

睡眠の間に恐怖応答を絶つ

Nature Neuroscience

Extinguishing fear responses during sleep

恐ろしい出来事の記憶は寝ている間に特異的に減少することがあるとの研究が、今週オンライン版に掲載される。今回の発見は、睡眠の間に起こりうる学習の種類についての理解を深めるものであり、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などの恐怖が関係する病気に対処しようとする体の作用に関する知識をもたらす可能性がある。

Katherina Haunerらは、穏やかな電気ショックとあるにおいを関連付けるよう患者に訓練した。Haunerらは、その日の後ほどそのにおいをかぐと患者は恐怖応答を経験することを、発汗量の測定によって発見した。しかし、仮眠の間ににおいを再度、ただし電気ショックなしにかいだ場合には、寝ている間ににおいにふれた記憶が全くないのにもかかわらず、起床してからのそのにおいに対する恐怖応答は減少していた。Haunerらは、脳の恐怖応答にかかわる扁桃体でにおいが引き起こした活動パターンが、睡眠中ににおいをかぐと変化したことも報告している。

以前の研究では、睡眠中に新しい連合記憶が形成される場合があることが示されていたが、今回の研究は、睡眠の間にすでにできていた記憶が変更されうることを示している。このような恐怖応答は恐怖や不安に関係する病気に関わっているので、今回の発見は、睡眠中の曝露療法が将来の臨床研究において有望な分野であることを示唆している。

People’s memories of fearful events can be specifically diminished during sleep, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. These findings add to our understanding of the types of learning that can occur during sleep, and may inform our efforts to treat fear disorders, such as post-traumatic stress disorder.

Katherina Hauner and colleagues trained participants to associate an odor with a mild electric shock.They found that individuals would experience a fear response, measured by the amount they sweat, when they smelled that odor later in the day. However, if people were exposed to the odor again, this time without the associated shock, while they napped, their fear response to the odor was reduced once they woke up even though they had no memory of experiencing the odor while they slept.Hauner and colleagues report that the activity pattern the odor elicited in the amygdala, a brain region known to participate in fear responses, was also altered by exposure to the odor during sleep.

Though previous studies have shown that new associative memories can be formed during sleep, this study shows that pre-existing memories can also be altered during sleep. Since such fear responses are involved in fear and anxiety disorders, the findings suggest that exposure therapy during sleep is a potential area for investigation in future clinical studies.

doi: 10.1038/nn.3527

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度