Research press release

新しい疼痛緩和法

Nature Neuroscience

New pain relief

通常と異なる機序で働く新しい疼痛抑制薬がNature Neuroscience(電子版)に報告される。

カンナビノイド1型(CB1)受容体はマリファナの作用を仲介する受容体として知られるが、自身の体内にある内在性カンナビノイドも認識する。CB1受容体は中枢神経系(CNS)にも末梢神経系にもみられる。内在性カンナビノイド系の成分を標的とする薬剤は疼痛を緩和する。しかし、その大半の薬剤は末梢の鎮痛作用だけでなく、血液脳関門を容易に通過して脳に進入し、望ましくないCNS副作用をもたらす。例えば、薬物やアルコールへの感受性のある人にさらに乱用を促す危険性がある。

D Piomelliらは、脳や脊髄の外側にあるCB1のみを活性化する分子を開発した。この薬剤はコードネームをURB937といい、内在性カンナビノイドの1つであるアナンダミドを分解する酵素を阻害する。ラットではこの薬剤によってアナンダミドの濃度が上昇し、CB1活性が高まった結果、ある種の末梢疼痛が軽減した。URB937は脳に進入するが、他のCB1活性化物質とは異なり、専門の輸送体分子によりすばやく認識されて脳外へ排出された。したがって、URB937は脳内にあるアナンダミドの分解には影響せず、望ましくない副作用を生じる見込みは少しもない。

URB937は既存の鎮痛薬やその誘導体とは全く異なる機序で疼痛を抑制するので、今後の疼痛管理に有益かもしれない。

A new pain-suppressing drug that works by an unusual mechanism is described online in Nature Neuroscience this week.

The cannabinoid type 1 (CB1) receptor — which is known to mediate the effects of marijuana — also recognizes the body’s own endocannabinoids. CB1 receptors are found both within the central nervous system (CNS) and the peripheral nervous system. Drugs that target the components of the endocannabinoid system produce pain relief. However, in addition to providing pain relief in the periphery, most drugs targeting the endocannabinoid system readily penetrate the blood-brain barrier, entering the brain and leading to undesirable CNS side effects, such as a risk of increased drug or alcohol abuse in susceptible individuals.

Daniele Piomelli and colleagues have developed a molecule that activates CB1 only outside the brain and spinal cord. The drug, with the code name URB937, inhibits an enzyme that degrades one of the endocannabinoids, known as anandamide. In rats, the scientists found that this drug elevated anandamide levels, increased CB1 activation and consequently alleviated several kinds of peripheral pain. URB937 entered the brain, but unlike other CB1 activators, was quickly recognized and pumped out of the brain by a specialized transporter molecule. Therefore URB937 did not affect anandamide degradation in the brain and therefore is unlikely to produce any unwanted side effects.

As URB937 suppresses pain by a mechanism that is completely different from existing painkillers, it, or its derivatives, may in future be useful for pain management.

doi: 10.1038/nn.2632

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度