Research press release

訓練の利点

Nature Neuroscience

The benefits of training

サルでは、運動課題を長期間練習すると、それに関連する作業についてエネルギー消費が減少するとの研究が、今週オンライン版に掲載される。この結果は、運動の実行や計画に必要とされる神経活動の生成が技術の習得とともにエネルギー面でいっそう効率的になることを示唆している。

Peter Strickらは、1年から6年にわたって10匹のマカクザルを訓練し、タッチパッドのボタンを押すという手を伸ばす作業をさせた。著者らは、サルがしばらくの期間、作業を練習し運動課題の手際がよくなると、脳の運動生起に関わる一次運動野で運動課題を実行するためのエネルギー消費が少なくてすむようになることを発見した。エネルギー消費の減少は神経活動の低下を引き起こすものではなく、外部からの刺激や合図なしに生起した運動に特異的である。

Long-term training for a motor task reduces the brain’s energy consumption for the associated task in monkeys, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. These results suggest that skill learning is associated with more energetically efficient generation of neuronal activity needed for movement execution and planning.

Peter Strick and colleagues trained ten macaque monkeys over a period of one to six years in a hand-reaching task to press keys on a touchpad. The scientists found that when monkeys practiced the task for a prolonged time and became efficient at the motor task, performance of a motor task required less energy consumption in the primary motor cortex, the region of the brain responsible for movement generation. This reduction in energy consumption does not cause a decrease in neural activity, and is specific for movement generated without external reminders or cues.

doi: 10.1038/nn.3477

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度