Research press release

再発阻止

Nature Neuroscience

Blocking relapse

哺乳類ラパマイシン標的複合体1(mTORC1)というタンパク質を妨害すると、アルコールに付随する記憶を乱し、薬物濫用モデル動物で行動再発を抑制できるという報告が、今週オンライン版に掲載される。この研究は、ヒト患者で薬物濫用の再発を防ぐ治療の標的となる可能性を示唆している。

以前薬物と同時に経験した合図に遭遇すると、薬物への渇望が呼び起こされることがあり、薬物濫用の再発の可能性が高まる。Dorit Ronたちは、アルコールの匂いや味(ただし、アルコールそのものではない)に出会うと、ラットがアルコールを得ようとする意思が増加し、同時に脳のいくつかの領域でmTORC1タンパク質が活性化されることを発見した。Ronらがアルコールの合図に触れた直後にmTORC1の活性化を阻害したところ、再発行動が抑制された。

mTORC1はまた、再活性化によって空間認識や恐怖記憶の強化に関与しており、mTORC1が記憶の再統合に全般的な役割を果たす可能性が示唆される。

Blocking a specific protein- the mammalian target of rapamycin complex 1 (mTORC1) - can disrupt alcohol-associated memories and suppress relapse behavior in an animal model of drug abuse, reports a paper published this week in Nature Neuroscience. The research suggests a potential therapeutic target for preventing substance abuse relapse in human subjects.

Just being exposed to cues that have previously been associated with drugs can elicit a craving for the drug, and increases the likelihood of relapse. Dorit Ron and colleagues found that exposure to the odor and taste of alcohol (but no actual alcohol) increased the amount that rats were willing to work to get alcohol and also activated the protein mTORC1 in several brain areas. When the authors blocked mTORC1 activation right after exposure to the alcohol cues, they suppressed the relapse behavior.

mTORC1 has also been implicated in the strengthening of spatial recognition and fear memories by re-activation, suggesting that mTORC1 may play a general role in the reconsolidation of memories.

doi: 10.1038/nn.3439

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度