Research press release

選ぶにはじっくり見る

Nature Neuroscience

A closer look at choice

2つの似たような選択肢からどちらか一方を選択するとき、ヒトは時間をかけて見たほうを選ぶ傾向にある。このような研究結果が、 Nature Neuroscience(電子版)に掲載される。この研究結果は、主観的なものの価値は、単純にそれを見ていた時間が長いほど高められるということを示唆している。

ヒトは、好みのものを選ぼうとして、その2つの差異を比較するためにそれら選択肢を何度もかわるがわる観察する。Rangelらは、協力者に前もって同じくらい大好物の食べ物2種を尋ねておき、空腹状態の彼らにそのうちから1つを選ばせた。このとき、協力者にはどちらかに決定する までの間、それら大好物をどれだけ眺めてもよいという条件で行った。その結果、Rangelらは、協力者が少しずつ時間をかけて見たほう(全体では70%ほど)を選んでいることを発見した。

When deciding between two similarly appealing options, people tend to prefer the one that they spend more time looking at. The results, published online this week in Nature Neuroscience, suggest that the subjective value of an item can be enhanced simply by looking at it for longer.

In order to choose what they prefer, people often look repeatedly back and forth between options, presumably as a way of comparing the two alternatives. Rangel and colleagues asked hungry participants to choose between pairs of appetizing snack foods that the participant had previously claimed to like equally. The participants were allowed to view both items until they selected the one they preferred. The authors found that participants chose the option they looked at half a second longer about 70% of the time.

doi: 10.1038/nn.2635

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度