Research press release

運動技能の記憶とトレーニング

Nature Neuroscience

Mixing up the training regimen

運動技能を修得するためのトレーニングの内容によって、これら技能の記憶が脳のどの部分に収納されるのかが異なってくるという研究結果が発表される。

C Winsteinらは、参加者に4つある標的の1つに対してレバーを押すという訓練を行った。ある訓練では、参加者は標的が1つだけの状態で訓練をし、その1つだけの標的を狙うという同じ動きを何度も繰り返し、その後、次の標的に移動した。また別の訓練では、同条件で、ただし4つの標的すべてを狙う訓練をした。

この訓練の後、選択的に脳の領域を混乱させるために、脳の頭頂部にある一次運動野と脳の前部にある背外側前頭前野のそれぞれに対して、脳活動を混乱させる非侵襲性手技である経頭蓋磁気刺激を行った。一次運動野の混乱は反復運動による修得だけを阻害したのに対し、背外側の前頭前野の混乱は並列運動だけを阻害した。これらの結果は、運動技能を記憶をしている脳の領域の位置は、それまでに修得してきたトレーニング方法に依存している可能性が高いことを示唆している。

The training regimen used to learn a motor skill determines where in the brain the memory of the skill is stored, reports a study published online this week in Nature Neuroscience.

Carolee Winstein and colleagues trained participants to push a lever to one of four targets. In one condition, they practiced one target at a time, repeating the same movement many times before moving on to the next target. In the other condition, the participants practiced moving to all four targets during the same training session.

After training, transcranial magnetic stimulation ― a noninvasive procedure that disrupts brain activity ― was applied over either the primary motor cortex ― at the top of the brain ― or the dorsolateral prefrontal cortex ― at the front part of the brain ― to selectively disrupt the area. Disruption of primary motor cortex impaired only learning by repeated movements, whereas disruption of dorsolateral prefrontal cortex disrupted only the interleaved training. These results suggest that the brain areas supporting the retention of motor skills may depend on the training regimen under which they were learned.

doi: 10.1038/nn.2596

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度