Research press release

かゆくてやめられない

Nature Neuroscience

Itching to quit

Nature Neuroscience(電子版)の論文によると、ニコチンは、炎症反応にかかわることで知られるイオンチャネルを活性化する。このチャネルは皮膚、鼻腔や口腔の上皮にあり、ニコチン置換療法の炎症性副作用の原因となる可能性がある。

ニコチンパッチなどの置換療法で生じる炎症は、皮膚や鼻腔、口腔上皮からの痛み刺激を伝える神経にあるニコチン受容体の活性化が原因だと考えられていた。しかしTalaveraらは、マウスで、刺激性物質の情報や炎症痛を伝えるチャネルとして知られるTRPA1を、同じくニコチンが直接活性化することを示している。TRPA1を欠損したマウスは、ニコチンを鼻腔内投与しても全く炎症を起こさなかった、とも報告されている。

この発見は、より副作用の少ない禁煙治療法の開発に役に立つかもしれない。

Nicotine activates a channel known to be involved in inflammatory responses reports a study published online this week in Nature Neuroscience. This ion channel is found in the skin and the lining of the nose and mouth, and it may be the source of the irritating side effects of nicotine replacement therapies.

It had been thought that the irritation from nicotine patches and other replacement treatments resulted from the stimulation of nicotinic receptors on the nerves that convey painful stimuli from the skin and the linings of the nose and mouth. However, Talavera and colleagues report that, in mice, nicotine also directly activates TRPA1, a channel known to convey information about irritating substances and inflammatory pain. The authors also report that mice lacking TRPA1 show no irritation in response to the intra-nasal administration of nicotine.

This finding may help in the development of therapies which help stop people smoking with fewer adverse effects.

doi: 10.1038/nn.2379

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度