Research press release

うつ病モデルとしての社会的隔離

Nature Neuroscience

Social isolation as a model of depression

長期間社会的に隔離されていたげっ歯類は、不安症や、満足を感じとる機能の不全を示すことが、Nature Neuroscience(電子版)に報告された。このうつ状態に似た症状は抗うつ薬で治療でき、薬物療法で不安症状が抑えられる仕組みについて新たな情報が得られている。

E Nestlerらは、ケージに単独で飼育され、社会的相互作用を断たれているラットやマウスが、異常な性行動をとったり、砂糖水を好まなくなったり、不安行動をとったるするなど抑うつ行動をあらわすことを見つけた。この長引くストレスは、CREBとよばれる側坐核shellの重要なタンパク質の活性を低下させることもわかった。側坐核shellは、ヒトの動機づけ刺激や情動刺激に応答する脳領域として知られる。三環系抗うつ薬で長期間治療したところ、このような行動を回復でき、CREB濃度が元に戻ったが、短期間の治療ではだめだった。

この研究は長期の社会的隔離に基づくうつ状態の動物モデルとなるだけでなく、抗うつ薬治療により不安症状が緩和される過程の新たな機構を与えるものである。

Rodents subjected to prolonged social isolation show anxiety, and behaviours suggesting an inability to feel pleasure, reports a study online this week in Nature Neuroscience. The paper shows that these depression-like symptoms can be treated with some antidepressants and provides new information about the way in which drug treatment reduces anxiety symptoms.

Eric Nestler and colleagues find that rats and mice housed alone in cages and denied social interaction show depressive behaviours such as abnormal sexual behaviour, decreased preference for sugar water and anxious behaviour. They also find that this prolonged stress decreases the activity of a key protein called CREB in the nucleus accumbens shell, a brain region that is known to be involved in our response to motivational and emotional stimuli. Long-term, but not short-term, treatment with a tricyclic antidepressant was able to reverse these behaviors and restored the levels of CREB.

This work not only provides an animal model for depression based on prolonged social isolation, but also provides a new mechanism by which antidepressant treatment alleviates anxiety symptoms.

doi: 10.1038/nn.2257

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度