Research press release

ダウン症候群の原因分子を判別

Nature Neuroscience

Pinpointing the molecular culprit in Down syndrome

Nature Neuroscience(電子版)の研究によると、ダウン症候群(DS)のモデルマウスで、発症にかかわる数百の遺伝子のうち2つの発現を正常化すると、病気の影響の一部を抑えるのに役立つかもしれない。

動物は一般に、遺伝子を両親から1組ずつ受け継ぐので2コピーもっている(性染色体は例外)。DS患者には1つ余分の21番染色体があり、重度の学習障害や認知障害の原因となっている。いくつかのDSモデルマウスを利用してDSの行動欠陥、神経発達欠陥の一部を再現できるものの、DSの直接の原因となる遺伝子あるいは遺伝子群の発見には至っていない。

T HaydarらはDSモデルマウスにおいて発症にかかわる遺伝子のうち2つ、Olig1とOlig2の発現低下により、DSマウスの脳活動の不均衡が是正されることを示している。Olig1とOlig2は胚発生に必須であり、神経細胞の一種で脳内の阻害レベルを調節する多くの介在ニューロンを制御する遺伝子である。DS患者では興奮と抑制の不均衡が報告されており、これらの結果は有望だが、Olig1とOlig2の遺伝子量の変化がDSモデルマウスにみられる行動障害を補正するのに有効かどうかははっきりしていない。DSに関連した行動欠陥がOlig1、Olig2量の減少で正常化するかどうかもまだわからない。

この結果を認知障害に直接結びつけたり、ヒトDSの病態にまであてはめたりして推定するのは難しいが、DSの初期進行を標的にした有効な治療法を同定するのに役立つ発見かもしれない。

A study published in Nature Neuroscience this week reports that normalizing the gene expression of two of the hundreds of affected genes in a mouse model of Down syndrome (DS) can be beneficial in combating some of the effects of the disease.

Animals generally have two copies of each gene ― one set inherited from each parent ― with the exception of sex chromosomes. In DS patients, however, there is an extra copy of chromosome 21 which results in severe learning disabilities and cognitive impairments. Despite the availability of several mouse models of DS that recapture some of the behavioral and neurodevelopment deficits of DS, finding the gene or set of genes directly responsible for DS has been elusive.

Tarik Haydar and colleagues show that reducing the expression of two of the affected genes ― Olig1 and Olig2 ― in a mouse model of DS can help correct the imbalance of brain activity in DS mice. Olig1 and Olig2 are essential during embryonic development, as these genes regulate the numbers of interneurons ― a type of neuron that controls the levels of inhibition in the brain. An imbalance between excitation and inhibition has been reported in DS patients. Although these results show promise, it remains unclear whether altering the gene dosage of Olig1 and Olig2 would be beneficial to correct the behavioral impairments seen in DS mouse models. It also remains to be seen whether the behavioral deficits associated with DS are normalized by lowering the level of Olig1 and Olig2.

Although it is difficult to directly link these results to the cognitive impairments or extrapolate to the disease condition in humans with DS, these findings could help identify some potential therapeutic targets for combating the initial development of DS.

doi: 10.1038/nn.2600

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度