Research press release

脳の支配下にあるコレステロール

Nature Neuroscience

Cholesterol under brain control

脳からのシグナルには血液中のコレステロール循環を調整する力があるとする報告が、Nature Neuroscienceに寄せられている。

人体が循環するコレステロールを高濃度に保つ仕組みを理解することは、それが心疾患の主要な原因の1つであり、重要な課題である。コレステロールは動物の生命にとって不可欠だが、低密度リポタンパク(LDL)のかたちで多くあり過ぎると動脈硬化(動脈壁の肥厚)を引き起こしかねない。一方、高密度リポタンパク(HDL)コレステロールは動脈硬化を妨げる。循環するLDLとHDLの量を体が調節する仕組みはほとんどわかっていない。

M Tschopらの観察によると、空腹シグナルとなる胃のホルモン、グレリン量の増加は、マウスの食物摂取を高め体重を増やすだけでなく、血液中のHDLコレステロール量を増加させる。グレリンは、視床下部にある受容体MC4Rを阻害することが知られている。この受容体は、エネルギーの摂取と消費を調節するのに重要である。Tschopらは、MC4Rを化学的に直接遮断すると、HDL量が増加することも発見した。MC4Rシグナルの欠如は肝臓でのHDL 取り込みの減少につながり、結果として循環HDL量が増加する。

動脈硬化は先進国の主要健康問題であり、心疾患の多くの原因である。したがって、体が循環コレステロールを調節する仕組みを理解することは非常に重要である。しかし、マウスのコレステロール代謝はヒトのそれとかなり異なっているため、今回の観察がヒトに適応できるかどうかの検定が待たれる。

Signals from the brain can substantially modulate cholesterol circulating in the bloodstream finds a study published online in Nature Neuroscience this week. It is important to understand how the body regulates circulating cholesterol as high levels are one of the major causes of heart attacks.

Cholesterol is crucial for animal life, but too much of it, in the form of low-density lipoprotein (LDL) complexes, can cause atherosclerosis ― thickening of the artery wall. High-density lipoprotein (HDL) cholesterol, on the other hand, can prevent atherosclerosis. How the body regulates levels of circulating LDL and HDL remains poorly understood.

Matthias Tschop and colleagues observed that increased levels of the hunger-signaling stomach hormone ghrelin not only made mice eat more and gain weight but also increased the levels of HDL cholesterol in their blood. Ghrelin is known to inhibit MC4R, a receptor in the hypothalamus that is crucial to the regulation of calorie intake and expenditure. The authors found that direct chemical blockade of MC4R also increased HDL levels. Lack of MC4R signaling caused a reduction of HDL uptake by the liver, which consequentially increased the amount of circulating HDL.

Atherosclerosis is a major health problem in industrialized countries and the cause of most heart attacks; it is therefore crucial to understand how the body regulates circulating cholesterol. However, since cholesterol metabolism in mice is quite different from that in humans, it remains to be tested whether the mechanisms uncovered in this paper also apply to people.

doi: 10.1038/nn.2569

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度