Research press release

抗精神病薬処置に伴う脳構造の急速な変化

Nature Neuroscience

Rapid changes in brain structure with antipsychotic treatment

ある脳領域の容積が抗精神病薬処置ののち数時間以内に一時的に減少するとの研究が、Nature Neuroscience(電子版)に報告されている。この研究は、ある種の抗精神病薬によくある副作用の1つ、運動障害の程度にこの急速な減少が関連していることを明らかにしている。

統合失調症の処置に用いられる多くの抗精神病薬は、神経伝達物質ドーパミンの受容体を遮断する。しかしこれらの薬剤は、副作用として錐体外路徴候(EPS)という動きの低速化を伴う運動障害を引き起こす。抗精神病薬の投与から数分以内にEPSが起こりうることから、H Tostらは、脳に対応する構造変化があるかどうかを調べた。若い健康男性に抗精神病薬haloperidolを投与したところ、1回の薬物投与の数時間以内に、脳の腹側被殻の灰白質に一時的減少がみられることをTostらは見いだした。この脳領域は、運動に重要なかかわりがある。脳容量は、24時間以内に正常範囲に回復した。

研究チームは、健康な被験者でEPSの重篤度が脳容量の減少程度と正の相関関係にあることを発見した。運動障害の経時変化は、脳の構造と接続性にみられる急速な変化に極めてよく似ていた。この研究は、短時間の脳の構造変化が、ヒトにおける抗精神病薬治療のある種の副作用に関与している可能性を示唆している。

The volume of certain brain areas is temporarily reduced within hours of antipsychotic drug treatment reports a study published online in Nature Neuroscience. The work finds that this rapid reduction correlated with the degree of movement disorders, a common side-effect of some antipsychotic drugs.

Many antipsychotic drugs used to treat schizophrenia block the receptor for the neurotransmitter dopamine. These drugs, however, cause undesired movement disorders called extrapyramidal symptoms (EPS) which includes slowing of movements. Because EPS can occur within minutes of antipsychotic treatments, Heike Tost and colleagues examined whether there are corresponding structural changes in the brain. Within hours after a single drug treatment in healthy young men, the scientists found that the antipsychotic drug haloperidol caused a temporary grey matter volume reduction in the ventral putamen ― a brain region important for movement. Brain volumes returned to normal levels within 24 hours.

The team found that the severity of EPS in healthy subjects was positively correlated with the degree of brain volume reduction. The time course of motor impairment closely resembled the rapid changes in brain structure and connectivity. This study suggests that short-term structural changes in the brain may be responsible for some side-effects of antipsychotic medication in humans.

doi: 10.1038/nn.2572

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度