Research press release

敏感なティーンエージャー

Nature Neuroscience

A unique adolescent response to reward prediction errors

青年期は期待した以上のよい結果を知らせる神経信号に敏感であることが、Nature Neuroscience (電子版)で報告される。この信号を伝達するのは報酬処理の要として有名なドパミン系と考えられており、青年期にみられる報酬探索行動の増加に関係している。

Jessica Cohenらは青年期の被験者に、画像を見てそれに応じた行動をとると金銭報酬が得られるという課題を行わせた。学習の最中に機能的磁気共鳴画像法を実施したところ、期待を上回る結果に関連する脳の応答は、青年のほうが成人よりも大きいことが示された。

この結果は、危険を伴う報酬探索行動が青年期に頻繁にみられる原因が、実りのなさそうな結果に対する感受性の低下ではなく有望そうな結果に対する感受性の亢進にあるという仮説を裏付ける。

Adolescents are hypersensitive to neural signals that indicate an outcome is better than expected reports a paper published online in Nature Neuroscience. This signal is thought to be carried by the dopamine system―known to be important to reward processing―and implicates this system in the heightened reward seeking behaviour seen in adolescents.

Jessica Cohen and colleagues asked adolescents to perform a task, for monetary reward, in which they had to learn to associate visual images with behavioural responses. Functional magnetic resonance imaging performed during learning suggested that the brain responses correlated with events that exceeded expectations were greater in adolescents than adults.

This finding supports the theory that the risky reward-seeking behaviour that is often observed in adolescents is due to an increased sensitivity to potentially positive outcomes rather than a decreased sensitivity to potentially negative outcomes.

doi: 10.1038/nn.2558

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度