Research press release

新しい神経細胞による我が子の認識

Nature Neuroscience

Recognizing one's own brood with new neurons

海馬と嗅球はそれぞれ脳の一領域で、海馬は記憶と、嗅球は嗅覚と深い関係にある。マウスの海馬と嗅球では、雄が自身の子を認識するのにたいへん重要な神経の生成が行われているという研究結果が、Nature Neuroscience(電子版)に発表される。

この結果は、雄マウスが成体となったその子孫を認識するのはその父親であったという経験に基づいており、その過程には新しい神経細胞と神経ホルモンの生成が極めて重要であることを示している。父性による若年もしくは成体となった子の認識は、ヒト以外の霊長類、ヒト、げっ歯類のいくつかの種でみられるとされている。

S WeissとG Makは、実験系統のマウスでは、もし雄が自身の子と接触したりそれらを保護したりする機会を与えられた場合、子が成体になっても自身の子を認識するようになることを発見した。この父性による子の認識には、成体期にも絶えず新しい神経が生成されている領域、嗅球と海馬における高度な神経形成が関係している。Weissらは、脳下垂体で生成されるホルモンであるプロラクチンが、父性による子の認識に必要であることも発見した。このホルモンが不足している雄マウスは、子との接触に応じた成体時神経生成の増強がみられず、子の認識もできなくなる。

異なるホルモンによって神経生成を促進すると、プロラクチンの不足を埋め合わせ、雄親における子の認識が回復する。似たような仕組みがヒトの子認識にも用いられているのか、また、これがその後の父と子の間のふるまいに影響を与えるのかどうかは、いまだ研究段階である。

Newly-born neurons in the hippocampus and olfactory bulb ― areas of the brain implicated in memory and olfaction, respectively ― are crucial for helping male mice recognize their own offspring, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. The results suggest that a father's recognition of their adult offspring is based on the experiences of fatherhood, and the production of new neurons and neural hormones are crucial for this process.

Fathers' recognition of their juvenile and adult offspring is known to occur in non-human primates, humans, and some species of wild rodents. Samuel Weiss and Gloria Mak discovered that laboratory strains of male mice will also recognize their own pups as adults if the fathers are given the chance to interact and care for their genetic offspring. This paternal recognition of genetic offspring was accompanied by higher neurogenesis ― creation of new neurons ― in the paternal olfactory bulb and hippocampus, where new neurons are continually generated in adulthood.

The researchers also found that prolactin, a hormone produced by the pituitary gland, is required for the paternal offspring recognition. Male mice lacking this hormone did not show enhanced adult neurogenesis upon pup interaction and failed to recognize their progeny.

Enhancing neurogenesis with a different hormone made up for the lack of prolactin, resulting in restored offspring recognition in male parents. It remains untested whether a similar mechanism is required in human offspring recognition or whether this could affect subsequent father-child behaviors.

doi: 10.1038/nn.2550

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度