Research press release

過ぎ去ったものの記憶

Nature Neuroscience

The memory of things past

Nature Neuroscience(電子版)に発表される研究によると、人は以前に見た画像を、見たこと自体は意識して覚えていなくても識別できることがわかった。このような識別には無意識の潜在記憶ではなく、意識的な顕在記憶が関連すると考えられていた。研究では、このような無意識の再認記憶には脳の特異的な電気的活動パターンが伴うことも見いだされている。

Joel VossとKen Pallerは、計算課題の最中で注意散漫になっている被験者に画像を見せ、覚えてもらった。実験の後半には類似した新しい画像に加えて以前に見せた画像を提示した。被験者は実験時間の大半は以前に見た画像を正しく識別していたが、画像自体を覚えているのではなく、推測したことを報告しているようであった。このことは被験者は意識的に認知していなくても画像を識別できることを示唆する。

再認実験中に被験者が意識的に認知することなく画像を識別するとき、脳の活動に関係する電気シグナル記録には明瞭な応答が現れた。あるものを再認するにはそれを以前に見たという顕在的自覚が必要と考えられていたが、この結果から潜在記憶が寄与している可能性が示唆される。

People can recognize a previously seen image, even when they have no conscious awareness of having seen it, finds a study online in Nature Neuroscience. Such recognition was thought to be associated with conscious, explicit memory, rather than unconscious, implicit memory. The study also finds that a specific pattern of electrical activity in the brain is associated with such unconscious recognition memory.

Joel Voss and Ken Paller showed people images, asking them to remember them, despite the distraction of a simultaneous numerical task. In a later test session, previously seen images were presented along with new similar images. Participants correctly recognized the previously seen image most of the time, although they were likely to report that they were guessing, not that they remembered the image itself. This suggests that the people can recognize an image, even without conscious awareness of it.

Recordings of electrical signals related to brain activity during the recognition test showed a distinct response when participants recognized an image without conscious awareness. These results suggest that implicit memory might contribute to recognition, which had been thought to require an explicit awareness of having previously seen something.

doi: 10.1038/nn.2260

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度