Research press release

マウス脊髄の再生を促進

Nature Neuroscience

Boosting regeneration in the mouse spinal cord

哺乳動物の成体では未熟な神経線維の成長を止めるブレーキがあるが、損傷した神経細胞にある特定の酵素を遺伝子工学技術で阻害したり欠失したりすると、このブレーキを解除できる。Nature Neuroscience(電子版)に掲載される研究は、脊髄損傷の治療にこの酵素を標的にすると有効かもしれないと示唆している。

Z Heらは、脊髄損傷のモデルマウスを調べ、皮質脊髄路にある傷ついた成体ニューロンでは、成長促進に関与する酵素mTORの活性が大きく低下していることを見いだした。mTORの調節因子である酵素PTENを遺伝子工学により阻害してmTORの活性を高めると、残った無傷の神経線維からの出芽が増えるとともに、損傷した神経線維自体が再生し損傷部の下流にある神経細胞と再結合する能力が高まった。

再生したこれらの神経線維の新たな結合が、機能回復や運動性の改善と解釈してよいかどうかは検討されていないので、この発見がヒトにも実際に適用できるかはまだわからない。しかしこの研究は、成体の神経系においてmTOR活性を抑える調節機構を標的とした薬剤が脊髄損傷の治療に有効かもしれないことを示唆している。

The brake which halts the growth of young nerve fibers in adult mammals can be released by genetically inhibiting or abolishing a particular enzyme in the injured nerve cells. The work, online in Nature Neuroscience this week, suggests that targeting these enzymes may be beneficial to treat spinal cord injury.

Zhigang He and his colleagues studied a model of spinal cord injury in mice, and found that the activity of the growth- promoting enzyme mTOR was very low in injured adult neurons in the corticospinal tract. Increasing mTOR activity by genetically blocking its regulator, the enzyme PTEN, increased both the sprouting of the remaining intact nerve fibers and the ability of the injured nerve fibers themselves to re-grow and reconnect with nerve cells below the injury.

The authors did not examine whether the new connections formed by these regenerating nerve fibers translate to functional recovery or improved mobility and it remains to be seen if these findings can be effectively translated to humans. Nonetheless, this work suggests that drugs targeting the regulatory mechanisms that limit mTOR activity in the adult nervous systems may be beneficial to treat spinal cord injury

doi: 10.1038/nn.2603

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度