Research press release

ジャンクフード依存症

Nature Neuroscience

Addicted to junk food

高カロリー食品にはまさに喫煙や薬物乱用のような依存性があることが、Nature Neuroscience(電子版)の研究で示唆されている。この結果がヒトの肥満に直接あてはまるわけではないが、ラットによる実験では高カロリー食品の過剰消費は脳内に依存症同様の反応を誘発し、ジャンクフードによって過食に陥ることが研究で明らかにされている。

薬物依存者では通常、楽しい経験に応じた報酬をつかさどる脳回路の活動が鈍ることが知られている。P Kennyらは、報酬が得られる経験に対するラットの感受性を測定した。健康的だが食欲をそそらない通常の食餌に加え、毎回ベーコン、ソーセージ、ケーキ、チョコレートなどの高カロリー食品を選ばせたところ、ラットはカロリーを過剰摂取して急速に体重が増えた。また、以前中毒性の薬物に対してみられたのと同様に、報酬感受性が急落した。この報酬応答の鈍化は、高カロリー食品を与えられなくなってから少なくとも2週間続いた。

ラットでもヒトでも真性の依存者はやはり、自分の健康に悪いことがはっきりしているのに薬物を過剰に消費しようとする。このことを試すため、研究チームは、光信号を見ると痛いフットショックを予測するようラットを訓練した。正常ラットは最もおいしいジャンクフードでさえ光信号が来ると食べるのをやめるのに、高カロリー食に慣れた肥満ラットは餌を食べ続けた。

太りすぎのラットでは、薬物を常用するヒトで報告されているのと同様に、特定のドパミン受容体レベルが低下することも見いだされた。このドパミン受容体レベルを人為的に低下させた別のラット群は、高カロリー食品を食べられる場合には報酬感受性が急速に失われた。

High-calorie food can be just as addictive as smoking or the abuse of drugs suggests work published online this week in Nature Neuroscience. Although the findings cannot be directly transferred to human obesity, the study shows that overconsumption of high-calorie food can trigger addiction-like responses in the brain, and that junk food can turn rats into compulsive eaters in a laboratory setting. Addicts are known to show blunted activation of brain circuits responsible for reward in response to normally positive experiences. Paul Kenny and colleagues measured rats' sensitivity to rewarding experiences. When the researchers regularly offered rats a choice of high-calorie foods such as bacon, sausage, cake, and chocolate, in addition to their regular, healthier but less appetizing chow, the animals over-consumed calories and gained weight rapidly. Their reward sensitivity also plummeted, as has been shown before for addictive drugs. This blunting of reward response persisted for at least two weeks after the high-calorie food was no longer available.

A true addict, whether rat or human, will also compulsively consume their drug even when it is clearly detrimental to their own health. To test this, the team trained their rats to expect painful foot shocks when seeing a light signal. Although normal rats stop eating even the most delicious junk food when the light comes on, the obese rats used to a high-calorie diet just kept feeding.

The scientists also found decreased levels of a specific dopamine receptor in the overweight rats, as has been reported in humans addicted to drugs. Artificially decreasing levels of this dopamine receptor in another group of rats accelerated their loss of reward sensitivity when given access to the high-calorie food diet.

doi: 10.1038/nn.2519

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度