Research press release

知覚速度の計測

Nature Neuroscience

Clocking perceptual speed

知覚情報を識別するにはどれくらいの時間がかかるだろうか。Nature Neuroscience(電子版)に発表される研究成果によると、サルは色などの知覚情報を識別するのに約30ミリ秒しか必要としない。

知覚速度の研究は難しい。知覚以外の過程、例えば何を見たかを知らせる動作で生じる刺激の認知にかかる時間と切り離して考えなければならないためだ。

E Salinasらはサルに色つきの点を見せ、点に気づいたことを示す動作を次の合図を見てから行うよう訓練し、この問題を回避した。さらに、サルの行動の基盤となる過程を説明する計算モデルを構築し、サルに後の行動をとらせるのに必要な色の表示時間は30~50ミリ秒というデータを裏付けている。

How long does it take to discriminate perceptual information? A study published online this week in Nature Neuroscience reports that monkeys need only about 30 milliseconds to distinguish perceptual information such as colors.

Studying perceptual speed is difficult, because it requires dissociating the time taken to perceive a stimulus from other processes, such as making an action to indicate what has been seen.

Emilio Salinas and colleagues avoided this problem by training monkeys to withhold the action ― which would indicate their perception of presented colored spots ― until they see a later cue. The scientists also construct a computational model to explain the processes underlying the monkeys' behavior, which confirms their data that a color needs to be presented for 30-50 milliseconds in order to influence the actions later made by the monkeys.

doi: 10.1038/nn.2485

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度