Research press release

扁桃体の社会化

Nature Neuroscience

Socializing the amygdala

不平等感に関連して現れる性格の違いは、情動の自動処理に重要な脳領域である扁桃体の活動を変化させる。Nature Neuroscience(電子版)に発表される研究は、そうした性格の違いは前頭前野の違いが原因であると示唆した以前の見解を否定している。

人が他人と富を分け合うのを好む度合いは、確固とした性格特性である。向社会的な人は、概して他人に利益を与えるように働き、自分の富を最大にしたいと思いながら他人も同じ富をもつことを望む。しかし個人主義者は、自分の富を最大にしたいと思う一方、他人が入手できる富の量には無頓着である。

人がこの種の決断に至る方法に関しては議論が続いているが、自動性の「ボトムアップ」反応は自分の報酬しか考慮せず、この利己的な衝動を抑えるためには「トップダウン」型の制御(前頭前野で働くと考えられている)が必要であるという1つの説がある。

春野雅彦(玉川大学)とC Frithは、向社会的な人と個人主義の人について、2つの報酬(自分と相手に1つずつ)に対する欲求に脳がどう応答するかを観察し、分配課題を行うときの「トップダウン」処理と「ボトムアップ」処理という考えを検討した。向社会的な人は不公平なシナリオを好まず、それ相応に応答した一方、個人主義者の選択は物事の公平性には左右されなかった。研究チームは、この2群の人々で扁桃体の活動が異なることに気づいた。向社会的な人では、報酬の不平等性の増加と扁桃体の活動の増大が相関していた。この結果から、不平等性に対する嫌悪という向社会性の特徴は扁桃体の活動と結びついたもので、利己的な衝動に対する「トップダウン」制御によって決まるのではないと結論している。

Personality differences which arise in relation to our feelings on inequality, modify activity in the amygdala ― a brain region important for automatic emotional processing. The study, published online this week in Nature Neuroscience, contradicts previous ideas which suggest that such personality differences are due to prefrontal cortex differences.

How people prefer to divide resources between themselves and others is a stable personality trait. Prosocial individuals, who typically work in ways that benefit others, prefer to maximize resources for themselves, but also like that others have similar resources. Individualists, however, prefer to maximize resources for themselves, regardless of the amount available for others.

The way in which people reach these types of decision has been debated but one theory is that an automatic, 'bottom up' response only considers the reward for oneself, and 'top-down' control ― thought to be exerted by the prefrontal cortex ― is required to overcome this selfish impulse.

Masahiko Haruno and Chris Frith tested the idea of 'top down' and 'bottom up' processing during sharing tasks by looking at how the brains of prosocial and individualistic people respond to the desirability of a pair of rewards ― one for themselves and one for a partner. They found that prosocial people did not like unfair scenarios and responded accordingly, whereas individualists' choices were not influenced how fair things were. The teams noted that activity in the amygdala differed between these two groups of people, with greater reward inequality correlating with greater amygdala activation in the prosocials. They therefore conclude that the characteristic prosocial aversion to inequality is linked to activity in the amygdala, and does not depend on top-down control of selfish impulses.

doi: 10.1038/nn.2468

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度