Research press release

脳卒中治療につながる通路

Nature Neuroscience

Channels for stroke treatment

脳卒中のモデルラットにおける神経細胞死と記憶欠損は、ある種のイオンチャネルを抑制すれば予防できることが、Nature Neuroscience(電子版)で報告されている。この研究は、ヒトの脳卒中治療にも有望かもしれない。

脳卒中は身体障害の主要な原因であり、毎年約1700万人が亡くなる。卒中時の脳虚血(血流の不足)は、神経細胞死、脳機能の喪失という重大な結果につながり、最終的に運動能力や発話、記憶が損なわれる。

M Tymianskiらは、卒中時の脳虚血に似た状態にあるラットでこのような結果を改善する治療法を考え出した。ラット脳の海馬にある神経細胞に特異的なTRPM7という型のチャネルを抑制したのだ。海馬は記憶にとって極めて重大なことが知られる。この抑制により、ラットの脳細胞は細胞死を免れ、形も機能も保たれており、また記憶試験でも非虚血性ラットと同じくらいの成績をあげた。TRPM7抑制を受けなかった虚血性ラットは、予想どおり神経細胞死と記憶欠損を示した。

Nerve cell death and memory deficits in a rat model of stroke can be prevented by the suppression of a certain ion channel, reports a study published online this week in Nature Neuroscience. This research has potential implications for treatment of stroke in humans.

About 17 million people die of stroke every year and it is a leading cause of disability. Brain ischemia, or lack of blood flow, in stroke leads to a host of devastating consequences, including neuronal death and loss of brain function, which ultimately lead to deficits in motor skills, speech, and memory.

Michael Tymianski and colleagues have devised a treatment to ameliorate these consequences in rats that underwent stroke-like brain ischemia. The researchers suppressed a specific type of channel, TRPM7, in the brains of rats, specifically in hippocampal neurons which are known to be crucial for memory. This suppression prevented the death of the brain cells and preserved their shape and function. Furthermore, in memory tests, these rats performed as well as non-ischemic rats. Rats that underwent the stroke-like brain ischemia, but did not have TRPM7 suppressed showed expected nerve cell death and deficits in memory.

doi: 10.1038/nn.2395

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度