Research press release

長引く逆境の影響

Nature Neuroscience

The long shadows of adversity

マウスでは、幼少のころに受けた過酷なストレスが脳に長期にわたる遺伝子発現パターンの変化を生じる場合がある、とNature Neuroscience(電子版)に報告される。

以前の研究で、緊張にさらされ精神的ショックを受けるような環境で成長した子どもは、年齢を経てからうつ病を発症するリスクが高まることが知られている。その神経生物学的な根本原因を解明するため、D Spenglerらは、誕生から生後10日目までの期間中に何度も母親から引き離された仔マウスを調査した。母親と引き離されるストレスにより、ストレス関連ホルモンAVPを指令する遺伝子の抑制機構が特異的に失われたため、このホルモン濃度が上昇していた。

Spenglerらは、ストレス期間から1年経過したマウスでも異常な遺伝子修飾によりAVPが増加し、ほかのストレス状況に対して過剰な生理反応がみられることを確認した。また、幼少時に受けたストレスが行動や、時には精神医学的症状に長く影響するのは、1つには脳の遺伝子調節の持続的変化によるものかもしれないと結論付けている。

Severe stress suffered at an early age can cause long-lasting changes to gene expression patterns in the mouse brain, reports a study published online in this week's Nature Neuroscience.

Previous studies have shown that children growing up under stressful or traumatic circumstances carry an elevated risk of developing depression later in life. To elucidate the underlying neurobiological causes, Dietmar Spengler and colleagues studied mouse pups that were repeatedly separated from their mothers during the first ten days of life. This stressful separation caused a specific loss of suppression mechanisms at the gene encoding the stress-related hormone AVP, which in turn led to elevated levels of this hormone.

One year after the stressful phase in the pups' lives, Spengler and colleagues still found the aberrant gene modification, AVP elevation, and ensuing physiological over-reaction towards other stressful situations. The researchers conclude that the long-lasting behavioral, and sometimes psychiatric, consequences of early-life stress may be due in part to persistent changes of gene regulation in the brain.

doi: 10.1038/nn.2436

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度