Research press release

意外な難物

Nature Neuroscience

A tough nut to crack

扁桃体は脳にあるクルミ大の構造体で、以前から目されていたよりも広範な社会的、情動的刺激の処理に重要であることが、Nature Neuroscience(電子版)に掲載される2つの論文で示唆されている。

脳のこの部分は長い間、無意識の情動処理と結びつけて考えられていたが、今回の研究によりこの小さな部分が明確な社会的判断や個人的空間範囲の調整など、もっと高度な機能にもかかわっているかもしれないことがわかった。

扁桃体を両側とも損傷した患者SMは、顔のさまざまな表情の画像を見せられたとき、恐怖の表情を認識できない。この原因はヒトの機能的画像診断や、動物実験に基づき、迅速な情動処理に欠陥があるためと考えられた。しかしN Tsuchiyaらは、SMが時間制限下においては恐怖刺激に適切な反応を示すことを発見した。時間制限がないときにはSMは顔の表情の画像を類別することが全くできなかった。このことは、扁桃体が意識下の社会的判断を下すのに重要である可能性を示唆する。

Kennedyらによる別の研究では、SMがパーソナル・スペースの感覚を全く欠いているという観察をさらに綿密に検討している。SMは実験者ととても近い距離で面と向かい合っても苦痛でない。他人はもっと離れて立つほうを好むのに彼女は気づいているが、接近することを単に不快と感じない。Kennedyらは、実験者がすぐ近くにいると知らされると、対照被験者の扁桃体が活性化するとも報告している。これら2つの研究結果は、扁桃体が以前から目されていたよりも広範な社会的刺激や情動的刺激を処理するのに重大な意味をもつことを示す。

The amygdala a walnut-sized structure in the brain is critical for processing a wider range of social and emotional stimuli than was previously suspected suggest two papers published online this week in Nature Neuroscience.

This area of the brain has long been associated with non-conscious processing of emotion; however, these studies show that this tiny area may also be involved in more sophisticated functions such as explicit social judgements and regulating personal space.

Patient SM, who has complete amygdala lesions, does not recognize fear when shown images of emotional faces, and based on human functional imaging and animal studies, it was thought that this was due to deficits in rapid processing of emotions. However, Naotsugu Tsuchiya and colleagues find that while SM does respond appropriately to fearful stimuli when under time pressure, she is profoundly impaired on categorizing emotional images of faces when given unlimited time. This suggests that the amygdala may be important for making conscious social judgements.

In a separate study, Kennedy and colleagues more closely examine their observation that SM lacks any sense of personal space. SM feels comfortable nearly nose to nose with the experimenters. She is aware that others prefer to stand further apart, but she simply doesn't feel the discomfort of close proximity. The authors also report that the amygdala is more active in control subjects when they are told that an experimenter is close by.

The results of these two studies indicate that the amygdala is critical for processing a wider range of social and emotional stimuli than previously suspected.

doi: 10.1038/nn.2380

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度