Research press release

あなたが寝ている間に

Nature Neuroscience

While you were sleeping

植物状態の患者や意識のほとんどない状態の患者でも、ある形式での学習ならば依然として獲得の可能性があるらしいという研究結果が、Nature Neuroscienceに発表された。この研究結果は、これらの患者の幾人かが、行動には現れない意識処理過程を、部分的にではあるが保持していた可能性を示唆している。

T Bekinschteinらは、条件付け課題を使用した。被験者はこの課題で、音が鳴るとそれに続いて眼球に対し空気が吹きつけられるという関連を学習させられた。この関連によって、音が鳴った直後の眼球周辺に予測的な活動が導かれた。

音と空気の吹きつけとの間のこの種の関連を学習するには、2つの刺激の間の関連性を明示的に認識する必要があると、これまでは考えられていた。しかし、それに反して今回の研究では、植物状態患者もこれらの音に対する予測的な筋肉活動を示した。この予測的な活動は空気の吹きつけが予想される時間に近づくと増加し、研究チームは、この種の条件付けの反応を示す患者のほうが、後に応答行動の改善を示しやすくなることを発見した。

この予測的学習は、一般的な無感覚症の患者には現れない。これは、このような学習が意識喪失状態の患者には起こり得ないことを示している。代わりに、植物状態患者や意識のほとんどない状態の患者は、意図的な動作や言語による反応としては現れないものの、確かにある種の学習を可能にする意識状態を保持している可能性がある。

Patients in vegetative and minimally conscious states still appear capable of acquiring certain forms of learning, reports a study published this week in Nature Neuroscience. This suggests that some of these patients could have partially preserved conscious processing that may not be apparent in behavior.

Tristan Bekinschtein and his colleagues used a conditioning technique, where subjects learnt to associate a tone with a subsequent puff of air to the eye. The association led to anticipatory muscle activity around the eye as soon as the tone was presented.

It was previously thought that learning this sort of association between a tone and an air puff requires explicit awareness of the relationship between the two stimuli. However, the vegetative patients also showed these anticipatory changes in muscle activity in response to the tone. This activity increased closer to the time that the air puff was expected, and the team found that patients who showed this type of conditioning were more likely to later show increased behavioral responsiveness.

The anticipatory learning did not happen in normal subjects who were given general anesthesia. This suggests that such learning cannot happen in unconscious states. Instead, patients in vegetative and minimally conscious states may have some preserved consciousness which is not visible via intentional movements or verbal responses, but which is still enough to support some types of learning.

doi: 10.1038/nn.2391

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度