Research press release

脊髄を損傷したラットの回復動作

Nature Neuroscience

Recovering movement after spinal cord injury in rats

脊髄をひどく損傷したラットの前肢機能が特別な運動と特定のタンパク質による処置を組み合わせて改善できるという研究結果が、Nature Neuroscience(電子版)に報告されている。

現在、重度の脊髄損傷で生じる四肢麻痺患者の四肢機能の回復を補助する有用な手段はない。動物では、コンドロイチナーゼとよばれる酵素を脊髄に注入すると、神経繊維の相当程度の増殖が誘発される。しかし、この増殖は方向が定まらず、麻痺した動物の四肢機能の改善にはあまり有効ではない。

J Fawcettらは、細かい四肢機能訓練とコンドロイチナーゼによる処置を組み合わせるという治療によって、コンドロイチナーゼ処置をしなかったラットに比べ2倍の四肢機能の改善がみられたという研究結果を報告した。

ヒト患者に対して適用する前に、これらの脊髄損傷に対するコンドロイチナーゼ注入の副作用をさらに研究すべきではあるが、この研究結果は重度の脊髄損傷に対する新しい治療法の可能性を示している。

Forepaw function in rats with severe spinal cord injury can be substantially improved through a combination of specialized exercises and treatment with specific proteins, reports a study online in this week's Nature Neuroscience.

Presently, there is no treatment available to help quadriplegic patients regain function of their limbs after severe spinal cord injury. In animals, injection of an enzyme called chondroitinase into the spinal cord induces substantial growth of nerve fibers; however this undirected growth does not greatly improve limb function in the paralyzed animals.

James Fawcett and colleagues report that a course of therapy that combines training of fine forepaw function with chondroitinase treatment results in forepaw dexterity about twice that of rats who practiced without having received the chondroitinase injections.

Although possible side effects of chondroitinase injections into the spinal cord require much further study before such injections may be applied to human patients, these results suggest a possible new therapy for severe spinal cord injury.

doi: 10.1038/nn.2377

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度