Research press release

もう一度再生

Nature Neuroscience

Play it again

覚醒行動を短時間中断するとその間にそれまでに経験した神経活動のパターンの再生が起こることは、覚醒時の再生が記憶の固定と想起に役割をもつことを示唆する。Nature Neuroscience(電子版)の論文は、記憶には睡眠中の再生のみが重要と示唆していた以前の理論とは異なるものだ。

海馬は記憶形成に重要な脳の構造である。L FrankとM Karlssonは、ラットが2種類の環境を走り抜けるときと、その行動の合間に飼育箱で休息しているときの海馬ニューロン群の活動を記録した。一方の環境で起こった神経活動の再生は、もう一方の環境でも全く同じように起こり、箱で休息中であっても同じように起こるらしいことがわかった。このことは、覚醒中のラットの海馬における再生活動は入力感覚情報とは無関係に起こることを示唆する。

覚醒中の再生は以前も観察されているが、どれもそのときの環境と結びつけて考えられていた。再生が記憶処理と結びつきながら独立に起こりうることを証明したのは、今回が初めてである。

The neural activity patterns of past experiences are replayed during brief pauses in waking behaviour, suggesting a role for waking replay in memory consolidation and retrieval. The paper published online this week in Nature Neuroscience differs from previous theories that suggest that only replay during sleep is important for memory.

Loren Frank and Mattias Karlsson recorded activity from groups of neurons in the hippocampus ― a brain structure important for memory formation ― while rats were running through two different environments, and while they were resting in a chamber between their bouts of activity. They found that replay of neuronal activity that occurred in each environment was just as likely to occur while the animal was in the other environment, or even in the rest box. This suggests that replay activity in the hippocampus of rats that are awake can be independent of incoming sensory information.

Replay during waking behaviour has been observed before, but always associated with the current environment. This is the first demonstration that it could occur independently, linking it to memory processing.

doi: 10.1038/nn.2344

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度