Research press release

正確に嗅ぎあてる

Nature Neuroscience

Smells right

似ている匂いどうしはそれが誘発する脳の活動パターンも似ているという、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)による研究がNature Neuroscience(電子版)に発表される。

J Gottfriedらは、fMRIを用いて人がさまざまな匂いを嗅いだときの脳の後嗅皮質の活動変化を観測した。その結果、人は後嗅皮質の活動パターンが似ている匂いどうしを同じような匂いと表現することが多かった。これは単に匂いの成分である分子の化学構造が類似しているためではない。化学構造の全く違う匂い分子も同じような匂いと評価されたからだ。

脳活動と知覚のこうした部分的一致は、以前に嗅覚処理に関連するとされた他の領域ではみられなかった。後嗅皮質は匂いの分類に重要らしいことが、この研究から示唆される。

Smells that are similar to each other evoke similar activity pattern in the brain, reports a functional imaging study published online this week in Nature Neuroscience.

Jay Gottfried and colleagues used fMRI to track changes in brain activity in the posterior piriform cortex as people sniffed various odors. They found that when patterns of activity in the posterior piriform cortex were similar, people were more likely to indicate that the odors they were sniffing smelt similar. This was not simply due to the chemical structure of the molecules making up the odors, as odors with very different chemical structures were rated as smelling similar.

This overlap between brain activation and perception was not found in other areas of the brain previously linked to processing smells. This study suggests that the posterior piriform cortex is likely to be critical for categorizing scents.

doi: 10.1038/nn.2324

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度