Research press release

協調する記憶

Nature Neuroscience

Coordinated memory

情動と学習にかかわることが知られる脳領域は、学習の間に協調していることが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で示唆されている。共役が高まることで、記憶の基礎となる神経結合が強化される可能性がある。

D Pareらは、報酬について学習する際に活動することが知られるいくつかの脳領域から出る信号を測定し、情動を仲介する扁桃体という構造と、学習にかかわる線条体という領域に注目した。ある音と報酬を独立して提示すると、音と同時にこの2箇所で律動的な神経活動がばらばらに起こった。しかし、音が鳴り終わると報酬がもらえることを動物が学習するにつれて、扁桃体と線条体の活動のタイミングが相関するようになった。このような協調性の増加はこの2箇所に特有のもので、記録したほかの脳領域ではみられなかった。

同時に発火した神経細胞どうしの結合は強まることが以前の研究で示唆されており、この協調性の増加は記憶を増強する仕組みかもしれない。

Brain areas known to be involved in emotions and learning are more coordinated with each other during learning, suggests a paper published on line this week in Nature Neuroscience. This increased coupling could strengthen the neuronal connections underlying memory.

Denis Pare and colleagues measured the signals from a number of brain areas known to be active while learning about rewards. They focused on the amygdala, a brain structure that mediates emotions, and the striatum, a brain region that is involved in learning. They found that when a tone and a reward were presented independently, rhythmic neural activity in the two brain regions at the time of the tone was uncoordinated. However, as the animals learned that the offset of the tone predicted an upcoming reward, the timing of activity in the amygdala and the striatum became more correlated. The increase in coordination was unique to these two areas, and was not found for any of the other brain areas where the scientists were recording.

Previous work suggests that connections are strengthened between neurons that fire at the same time, so this increased coordination could be a mechanism for enhancing memory.

doi: 10.1038/nn.2305

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度