Research press release

ひっかくとどうして痒みが和らぐのか

Nature Neuroscience

How scratching relieves itch

痒みを感じているときに限って、皮膚をひっかくとある種の脊髄ニューロンの活動が低下するとの報告が、Nature Neuroscienceに掲載される。この研究は、痒みはそれだけで脊髄に特殊な状態を誘導し、ひっかくことで痒み感覚を脳に伝えるニューロンの活動を減少させる可能性があることを示唆している。

ひっかくと痒みが和らぐというのは誰もが経験することだが、そうなる生理的な仕組みについてはほとんどわかっていない。ヒトや霊長類ついての研究では、脊髄の特定領域(脊髄視床路)がこの感覚に重要であり、皮膚に痒み物質を塗るとそこにあるニューロンの活動が高まることが示唆されている。

G J Giesler Jrらは、霊長類で痒みを感じているときに皮膚をひっかくと脊髄視床路のニューロン活動が阻害されることを示している。興味深いのは、痒みを感じていない実験動物では、このニューロンの活動はひっかいても止まらなかったことである。

Scratching decreases activity in some spinal cord neurons only during itchiness, according to research published in Nature Neuroscience this week. The work suggests that itchiness itself may induce a specific state in the spinal cord that allows scratching to decrease the activity of the neurons transmitting the itch sensation to the brain.

Everyone knows that scratching relieves itch, but the physiological mechanisms for how this works are poorly understood. Work with both humans and primates has suggested that a specific part of the spinal chord the spinothalamic tract is important for the sensation, and that neurons here are more active when itchy substances are applied to the skin.

Glenn J. Giesler, Jr. and colleagues now show that scratching the skin of primates blocks the activity of spinothalamic neurons during itchiness. Interestingly, the activity of these neurons was not stopped by scratching under conditions when the primate was not itchy.

doi: 10.1038/nn.2292

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度