Research press release

恐怖の表情で知覚が強化

Nature Neuroscience

Expressing fear enhances perception

恐怖や嫌悪感など、情動性の顔の表情は偶然でき上がったものなのか。Nature Neuroscience(電子版)に発表される研究は、情動性の顔の表情が無作為に進化したのではなく、感覚体験を変更するのに役立つことを証拠づけている。このことは、チャールズ・ダーウィン以来示唆されていた。

J Susskindらは、人は恐怖の表情を浮かべると、視野が広がり、眼球運動が速まり、鼻腔が広がり、呼気の気速が速くなると自覚することを見いだした。恐怖の表情を浮かべているときは、ずっと遠くの標的を検知することもできた。恐怖とは客観的に正反対である嫌悪感の表情だと、視野が狭くなり鼻腔が狭まったという自覚症状が報告され、逆の結果になった。

このような結果から、恐怖は外部情報に対する知覚を強化するように働き、嫌悪感は知覚を低下させることが示唆される。

Are emotional facial expressions such as fear or disgust created by chance? A study published online this week in Nature Neuroscience provides evidence for the suggestion, first made by Charles Darwin, that emotional facial expressions have not evolved randomly, but that they serve to alter sensory experience.

Joshua Susskind and colleagues found that when people pose expressions of fear, they have a subjectively larger range of vision, faster eye movements, and an increase in nasal volume and air velocity during breathing in. While posing fear expressions, people were also able to detect targets which were further away. Expressions of disgust, which are objectively opposite to fear, produced opposite results, with people reporting a subjectively smaller range of vision and a decrease in nasal volume.

These results suggest that fear works to enhance perception of external information, whereas disgust decreases perception.

doi: 10.1038/nn.2138

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度